人気ブログランキング |

無謀な国公立大志望の受験生(兄)と公立中高一貫新入生(妹)と腐れヲタの母。今日ものほほんと生きてます。

by ota_haha
勉強合宿でクーラーのきいたホテルに缶詰めだったせいか、その後はテキメンに体調を崩していたお兄さん。
しかし先週末でお盆前の学校は終了。
その前に一大イベントがある。
個人懇談!!!
あぁ、年二回の苦行がやってきた。
合宿があったせいで既に夏休みが半分終わった先週の土曜日に設定された。
しかも最終日だ。

土曜日、ということは。
伝家の宝刀(でもない)、父発動である。
「父ちゃんに行ってもらうで!」
「それだけはやめて!!」
どうせ父が来ても話がわからないだろうから来て欲しくない、寧ろ父が人前にでてくるのが恥ずかしい。
『絶品チーズバーガーTシャツ』なんか着てこられた日には彼はグレるかもしれない。
しかし嫌がられればそうしたくなるのが母。
この期に及んでは父も出動しなければなるまい、そして現実を知るべきである。
教育を母任せで知らんと言ってはならんのだ。

…というわけでそれほど乗り気ではなかったオットも伴って懇談へ。

担任、開口一番。
「こないだの模試の結果に衝撃を受けたんやけど」
とタブレットを示す。
6月に受けた記述模試の結果だ。
そういえば成績が開示されるのがその日であったのにチェックを忘れていた。
英数理、三教科の中で極めて低いのが得意だったはずの数学。
この数字は…恐る恐る尋ねてみる。
「…これは、『偏差値』ですよね?」
「そうです」
得点…ではなく偏差値。
得意だったはずの数学が偏差値30台。
マーク式なら欄を間違えれば起こりうる。
しかし記述式となると、とどのつまりは理解が出来ていないと判断するのが妥当。
あまりの数字に言葉を失う。
どうやら得点は一桁であったらしい、満点は200点。

「まぁ、全国探せば行けるところはあるかもしれないけど」
先生の言葉が冷ややかだ。
既にやりたいことはある。
第一志望も学部も確定し昨年から一貫している。
今年の春の段階でも行きたい学部が決まらない、何がやりたいのかわからない、と言っていた保護者もいるのに。
それでもかなり厳しいということはずっと言われてきた。
本当にずっとずーっと言われ続けてきたのだ。
今回の模試の結果から見ればもはや寝言は寝て言え、志望校再考しろ、寧ろ進学無理でしょ諦めれば?レベルだ。

「ホンマに大学行きたいか?」
担任の問いかけにはいと答えるものの歯切れは悪い。
「夏休み前半ちゃんとやってた?」
ますます歯切れは悪くなる。
本人的にはやっていた、つもり。
だが、やっていたことを具体的に言えない。
母は暴露する。
「この人、家ではタブレットで動画授業ばっかり見てますけど?」
本人はそれで勉強したと思ってる。
なのに成績が伸びないことをどう対策していいかわからない。
でも担任も母もわかってる。
決定的に演習量が不足している。

去年は去年で『神授業勉強法』という謎の方法を生み出しコテンパンだったが、今年も再び。
「動画見てるだけで勉強した気になってるだけ!」
担任の指摘、まさにその通り。
母もずっと言い続けてきたが、母が言うより担任に言われる方が重みがある。
自らの勉強法の誤りをようやく自覚するに至る(遅っ)。

更には彼の勉強に取り組む姿勢にも厳しい指摘を受ける。
放課後の自習などはほぼ出席していないらしい。
『用事がある』と理由をつけて欠席しているらしいが「用事などない」ことは既に母の証言からバレバレだ。
かといって家ではほぼタブレット。
テレビはあまり見ていない、との自己申告だが相変わらず仮面ライダーの時間にはキッチリテレビの前。
ちょっと休憩、と野球を見てはすぐに1時間テレビの前に鎮座したまま。
「下の子が中学受験した時はすべて投げ打って必死でやってましたけど!」
比べてはいけない、そう思いつつ愚痴も出てしまう。
お嬢の受験前はテレビどころか何もかもを断ち切って塾に通い詰めていた。
平日は顔も見られないくらい遅くまで。
今でも定期テストの直前に
「見たいテレビ全部録画して本気でやる!」
って宣言して本気でやってたぞ。

受験生としての心構えすら全く出来ていない。
本当に行きたいんだよな、大学。

ちなみに
「理系で私立大行かれると経済的にしんどいので、ここまでのラインしかお金は出せないってことはずっと言ってます!」

母は朗らかに宣言する。
全国どこかに彼の現状のレベルで入れる大学はあるのかもしれない。
けれどそこは彼の学びたい事を満たす大学であるとは思えない。
理系でも低レベルな学校になると、それはそれはとんでもない授業がされるらしい、という情報もある。

「全国どこでも行かせる気はないです。ダメなら就職でも自衛隊でもいいので家から追い出します!!」

ここまできてやる気も出さず無駄に教育費を出すくらいなら大学など行っていただかなくて結構。
就職して無駄に私立高校行った学費返してほしい。

「どうする?やる?やらない?」

やる、と言うもののますますもって歯切れが悪い。
毎度のことなので母はまた始まったよ、と思っているが初懇談の父はもはや怒りに満ちた顔をしている。

やるんならこれからどうする。
どういう風に取り組むのか。
「合格のために1日どれくらいやらんとあかんと思う?」
「うーん…12…3時間くらい?」
いやいやいや。
今までだって出来てないことをいきなりどうすんねん。
そもそも7〜8時間は寝たい人なのに。
だいたいそれだって毎日のように母は言ってきた。
睡眠時間を確保しつつ受験勉強するなら起きてる時間は無駄にしないように心がけろ、って。

なかなか具体的な決意や対策が出てこない彼にしびれを切らし、懇談資料を裏返した白紙部分に今後のタイムスケジュールを書くように促す担任。
どのように勉強時間を作り出すのか。
何かブツブツ呟きながら指折り数え始めたお兄さん。
何を思っているのかはよくわからない。
書いていることもよくわからない。
夫はおそらくはブチ切れる寸前だ、腕組みして息子を睨みつけている。

「この人、毎日6時前に起きて家の手伝いもしますけど6時半には朝ごはん終わってます!7時半前に家を出るまでかなり余裕あります!」

またも母の暴露大会。

「え?家出るまで何してるの?」
受験生がほぼ1時間近い朝のひとときを無為に過ごしている事に担任が驚きの声をあげる。
「え…?食洗機、回したりとか…」
自分の食器をセットして洗剤入れてスタートボタン押すだけだ。
5分どころか1分もかからんわ。

朝早めに家を出ると教室には一番に到着する。
教室の鍵を取りに行くのが彼の役目、始業の8時半までにも、ほら余裕の時間が。
しかもバス通学でありながら30分以内で到着するという登校至便な環境。
そういえば学校の自習室、午前7時から開いている。
通学に1時間以上かかるにも関わらず朝から自習室で勉強している生徒もいるという。
本人としてはおそらく最も避けたいところではあったのだろうが、そんな話を聞いてはもう嫌とか無理とか言えない。

だんだん取調室みたいになってきた。
グチグチ呟きながらスケジュールを考える。
母はご陽気に言う。
「7時から自習室行くんなら6時半ちょっと前に家を出たらいいから少し早く起きるだけで行けるね❤️」
観念したようにスケジュールを書き始めたお兄さん。
朝は7時から自習室に。
放課後は塾のない日は夜7時半まで自習室に。

「先生、日曜も自習室開いてますよね?」
勿論。
わかっててわざと質問した(笑)
そう言われて日曜用のスケジュールも書き始める。
朝7時から夜7時半まで。
「ちゃんと行って勉強するんなら弁当二食でも三食でも作るよ❤️任せて‼️」
中学受験では弁当2つくらい当たり前みたいに作ってたからな!
それくらいの協力体制は当然だ。
いつも干してもらっていた洗濯物もこれからは母とお嬢でなんとかしますし!
なんという素晴らしいお母さん(自画自賛)。

かくして今後のスケジュールが完成…って何かおかしい。
「先生、自習室って夜8時まで、ですよね?」
これもわかっていて聞いた。
8時まで、なのに彼のスケジュール上は全日『7時半まで』になっている。
この30分の差はなんなのか?
「7時半に帰らないとバス乗れない、とかか?」
訝る担任。
「いえいえ、歩いてでも帰れますよ!」
余計なことを口走り続ける母。
つまりこの30分の違いがまだなんとなく覚悟を決めきれない、そんな風に思えてならない。
結局、終了時刻を8時に修正した。

「で、夏休み残り3週間、何やる?」
数学や物理、化学などいくつか問題集をあげていく。
この3週間あまり、自分で決めたスケジュールに則って決めた課題をこなしていく。
今までのズボラが一転するようなハードなスケジュールが出来上がった。
担任がそれを早速人数分コピーし『証拠物件』として手渡される。
ここで『やります』と担任・両親の前で表明したのだ。
もうそりゃ、やらなきゃいけない。

センター試験最終学年、ハードになることは最初からわかりきってる。
ガムシャラに頑張ってそれでもなお届かなければ努力を讃えてやることも出来るが、今の状態で「無理でした」と言われたら怒りしか湧かない。
やれる時にやれる事をやらないのなら自分の望む結果など得られようはずもない。

懇談はうちで最後だった模様、終わったら実に1時間超えていた。
コレが彼にとってのキッカケとなる事を切に願う。

e0366202_22244739.jpg

折しも京都が予想最高気温39度だった日。
猛烈に暑い中、大人3人が彼に1時間以上も時間を割いたのだ。
いよいよ逃げも甘えも許されない。
過酷な受験生の世界に飛び込んでいけるのか、正念場だ。

# by kamkim22 | 2019-08-14 22:37 | クラスでビリの高校生が大学受験する話? | Comments(0)
通勤電車に学生があまりいない。
お嬢も先週から夏休みに入ってるし、電車に煩い私学の小学生がいないって最高。

このあいだの京アニショックはやわらいできたもののニュースを見るたびにまた涙が出る。
なんというか、短絡的で思いやりのない、しかも40代かそれに近い年代の犯行がこれ以外にも多くて40代としては複雑だ。
こういう年代が育てた子供たちはもっと酷い事になるんじゃないかと恐ろしくもある。

京アニ事件の前日、お嬢の三者面談があった。
地元公立中学ではさらりと定期テストの点数、五段階評価を一覧にしたものを渡されるだけだった。
「順位って出るのかな?((((;゚Д゚)))))))」
同じ部活の保護者と未体験の中高一貫の成績開示に怯える(そりゃ、入試の点数も開示するくらいだから)。
とりあえず子ども向けには順位の発表はなかったらしい。
懇談ではどうなのか。

席につくとまず最初に成績の資料を提示された。
点数は勿論、各教科ごとにヒストグラムがあり100点以外は5点刻みのグラフとなっている。
その中で自分の点数の属する範囲だけ白抜きにされている。
今年度から着任したばかりの担任が1教科ずつ丁寧に説明してくれる。
「◯◯は『90〜94点』の範囲に入っていますが得点が94なので同じ点数の人がいなければ学年で一番、ということになりますね」
お嬢がテスト返しの時に聞いてきた学年最高点も嘘ではなかった、ということだ。
何教科かで学年(おそらく)トップ、他の数教科も10〜20位以内には入っているだろうとのこと。
各教科担任からも課題の提出状況、忘れ物、授業中の挙手などで良好な評価をいただいている模様。
総じて「特に言うことない、このまま継続して」とのこと。
非常に楽な懇談だった。
史上初、と言っていいくらい。
こんな懇談なら何回でもいいわ〜♩

しかし恐ろしいデータもある。
各教科軒並み70程度の平均点があるのだが、数学だけは20点程度低めになっている。
中学一年の最初の中間テストの数学なんて、満点かそれに近い点数が取れるものだと勝手に思っていた(母は中一の一学期の数学は中間・期末とも満点だった)。
ところが平均が50点台。
お嬢のように90越える子から20点台まで。
小学校ではほぼトップクラスにいた子達が集合している学校。
ほぼ全員が小学校レベルでは常に満点を取ってきたような子どもたちもまずは入試で「え?こんな点数?!」とビックリし、入学した途端に難解なテストで今まで取ったことのない点数取ったらショックだろうな。
お嬢はくもんでの先取りが大きかったのか(受験後自主的に予習もしてた)今の所は苦労はしていないが、既に「わからない」と言っている子も多いという。
もしも少しでも気を抜けばすぐに置いていかれる可能性がある。
恐ろしや。
e0366202_21314837.jpg


そして勉強重視の中高一貫ならではで成績が振るわなかった子は夏休みの補習にお呼ばれするそうだ。
学年でおよそ1割程度が英数国それぞれの補習が必要としてお呼びがかかるらしい。
中には1人で二教科呼ばれる子も。
お嬢の先輩も昨年度は三教科ともお呼び出しがかかったそうだ。
それだけ手厚いといえばそうなのだが、小学校では上位を占めていた子達がいきなり中学でついていけなくなり補習に呼ばれるとかメンタル面が心配になる。
でもそんくらい厳しい世界。
入る前からわかっていた事ではあるけど。
お嬢はやたらと強いお方なので補習にでも呼ばれようものなら寝ずに勉強していくだろうし、そもそも補習にかからないように事前に努力していく。
それがいつまでも続けばいいな、と思う。
もしつまづいてもそこで折れずに。
つまづくことがなさそうなキャラだけど、先には何があるかわからない。

お兄様は今週勉強合宿のため不在。
三食ついて一日中お勉強。
この人こそ早く自分の置かれた立場や状況を理解して開眼してもらわないといけないのだが、きっと帰ってきたらまず阪神の結果からチェックするのだろう。
どうやれば目覚めてくれるのやら。

# by kamkim22 | 2019-07-31 21:37 | うちのお子さんたち | Comments(0)

今日の京都は雨ですが。

中学に登校するお嬢と同時に人間ドックに行くために家を出た途端大雨に見舞われた。
雨女かよ、ひでーな。

2年ぶりの人間ドックに行くと知り合いがいた。
同じ職場の人と昔同じ職場だった人(向こう気付いてない)。
腹部エコーで色々指摘を受け、えづきながら胃カメラを無事に終え、最終の診察のために待合室にいた。
待合室のテレビはNHK。
アラーム音とともにニュース速報が流れる。
『京都のアニメーション制作会社で火災』

え?
京都のアニメーション制作会社って…京アニ…だよね?
火災って来年の映画大丈夫?

しばらくしてショートニュースの時間になる。
ハッキリと『京都アニメーション』の文字が。
男にガソリンのような液体をまかれ火をつけられた、そして重傷者が出ている、という情報。
既に発生から1時間経過していたが中継の画像ではまだオレンジ色の炎が窓から吹き出し、もうもうと煙が立ち上っている。
これは相当ヤバイ奴では?

診察を終え昼食の為に立ち寄った喫茶店でもパスタの味がわからないくらいショックだし、続報が気になる。
お昼を過ぎた頃から死者が出ている、との情報も入ってきた。
人間ドックが思ったより早めに終わって買い物しにハンズに行ったが、なにも楽しくない。
京都市内の中心部は昨日の山鉾巡行の余韻漂う感じだが、それを楽しむ気にもなれない。

軽く買い物をして帰ると情報番組はその話題でもちきりだった。
1人でも多く助かってほしい、そう願う。
同じ市内にいて、少し離れたところでは沢山の方々が炎と煙の中で恐怖にさらされていたのかと思うと心が痛む。
大好きな作品を作っている会社だから、というだけではない。
普通に仕事をして、普通に日常を送る方々の人生が一瞬にして奪われるということに怒りと悲しみが湧いてくる。

どんな理由があったとしても失われた命は戻ってこない。
子どもですらわかる事なのに。
今の時点で33人が亡くなられたという。
朝いつも通り家を出て、仕事していつも通り帰って行く筈だっただろうに。

容疑者のことは勿論許せない。
キチンと動機を明らかにして然るべき刑罰を受けてほしい。
発生直後は怒りがまさっていたが、今は本当に本当に悲しい。
好きな作品が今後見られるかとかどうかよりも沢山の方々の命が卑怯で理不尽な形で奪われたことが。
これ以上犠牲者が増えないことと亡くなられた方々のご冥福をお祈りしつつ、Free!をもう一度観に行くかどうか検討する。

e0366202_22042023.jpg

# by kamkim22 | 2019-07-18 22:38 | お母さんはヲタ母さん | Comments(0)
お兄さんは一学期の期末テストを終えた。
受験生なので定期テストにばかり気を取られているわけにもいかないが、同級生の中には『テスト対策をするために補習を休む』という子もいるらしい。
うーん、それはいいんだか悪いんだか。

テスト2日目だった水曜日、多分テストもまだ終わりきっていないくらいの時間にメールが送られてきた。

『化学、開始10分で書き終わった!』

…は?
苦手なはずだが10分で諦めたか?!

『多分9割は出来てる!』

…へ?

そういえばテスト前に言っていた。
「配られてる問題集の中からそのまま出されるから、答えを丸暗記していく!」
功を奏した、と言っていいのか。
本当に丸のまま出されたから覚えた通りを書いていった。
結果が出てみないと9割取れてるのかわからないけど。

もしかしたらあまり中間テストが全体的によろしくなかったからアホの子に配慮して点を取りやすい出題にしてくださったのだろうか。
ただ丸のまま出す、ということにあまり意義は感じられない。
9割取れてもそれが実力だと過信されたら困る。

お嬢は二学期制のため9月まで定期テストはない。
ただ、単元終了時にはその都度テストがある。
数学の二度目の単元終了時テストを受けてきた。
友達の情報による学年最高点を上回る点数だったらしい。
その情報は確かか?

既に夏休みの宿題も徐々に言われ始めているらしい。
「ということは、もう始めてもいいんだよね?」
そら、そういう意図があって早めに言うんだろう。
多分地元の公立とは比にならない量と質を誇る宿題が出るのだよ。
小学校の夏休みの宿題などドリル系は簡単すぎてすぐ終わらせていたが、お嬢の中学はそうもいかない。
早速課題図書を買いに行き、夏休みにやる英単語の問題集も仕入れる。
自由研究用なのか画用紙とレポート用紙を買ってこいとのオーダーもあった。
お嬢といえば計画魔と呼んでもいいくらい計画的に物事を進めるのでおそらくキチンとやっていくのだ、何も心配してない!

e0366202_22240999.jpg

ほんで、もう既に課題図書には付箋が貼ってあったり線が引いてあったりする。
感想文じゃないの?
なんかの研究すんの?
普通の公立しか知らない母には想像もつかない。

# by kamkim22 | 2019-07-13 22:27 | うちのお子さんたち | Comments(0)

女子中学生と母の休日。

うちの中学生が物凄くたのしみにしていた『劇場版Free!』。
部活だの何だのでなかなか都合を合わせるのが難しい状態だったが、なんとか公開3日目に行けることに。

だいたい映画は朝イチで、というのが我が家の定番。
変な時間に行ってそれまでの時間とそれ以降の時間が中途半端になるのが嫌なのだ。
日曜の初回上映が8時20分!!
ネットで座席は確保していたので行ったら発券してパンフを買うだけ。
映画館へも家から30分とかからない距離にあるところなのだが、到着した時にはもう入場が始まっていた。
朝早くから結構ヘトヘトだ。

映画は2人で楽しく鑑賞した。
そして「ここまで来たらアニ●イト行くよね!?」というお嬢の謎の決めつけによりアニ●イトに。
試験の結果が良かったら、って条件でこの間は行ったのに結局もうあまり関係ない。
e0366202_21345625.jpg

とりあえずお友達には「半裸の若い男の子たちが時々抱き合ってる話」を見てきた、と説明する模様。
うん、正解。

お昼は前々から一度行ってみたかった牛カツの店に。
e0366202_21351577.jpg

ほぼ生やん!
お陰で出来上がりも早いのでちゃっちゃと出てきた。
お嬢はそれほどお肉が好きなわけではないが、とても柔らかかったので珍しいくらいのスピードで食べていた。
だし醤油と山葵、山椒塩など色々な味で楽しめた。
美味かった!

そして昼食から1時間と経たないうちに
「喉が渇いた!」(牛カツ屋でも散々お茶を飲んだ)と叫び出したお嬢。
12時半だったのに、早々にティータイム。
e0366202_21345892.jpg

ということで2人でパフェを喰らう。
昼時の摂取カロリーやば!

あとはいつも母がドール服の縫製を習っているお店に行ったり、らしんばんで色々見たり。

仕上げに丸善でまた色々買い込む。
母は基本BLコーナーにしか用事がないが、お嬢は夏休み用の問題集、女子バレーの選手名鑑、夏の課題図書など結構考えて選んできた。
バスケ部なのにバレーの選手名鑑とか…(ホンマはバレーの方が好きらしい)。

帰り道、ポツリと呟く。
「こういう感じでデートするんかなぁ」
それは相手が必要ですけどね!(笑)

# by kamkim22 | 2019-07-08 22:16 | うちのお子さんたち | Comments(0)