重度ヲタな母と中二病息子、賢いアホ娘と時々ヲタ(軽度)夫。とりあえずゆるっと生きてます。

by kamkim

卒業前日お嬢さま。

卒業式前日。
なんかもうやることはいっぱい過ぎる。

お嬢さんは変わりばえのしない通知表を持ち帰り、全ての小学校課程を修了した。
卒アルも貰ってきた。
保育園で一緒だった子たちもしばらく見ない間に大きくなった。

e0366202_21292125.jpg

お兄の時から11年のお付き合いだった小学校。
自分の卒業式で一切泣いたことはないけど、子どものは毎度ホロリとくる。
そして大概涙の引っ込む何かが起こる(笑)。

今日はリハーサルをやってきた、というお嬢さん。
「眠くて眠くて」練習中うつらうつらしてたようだが本番ではキチンと起きてくれよ!
誰がどんなカッコをするのか、男子のハカマはいるのか、楽しみだなぁ。

# by kamkim22 | 2019-03-19 23:24 | うちのお子さんたち | Comments(0)

イチロー君と同い年。

ネットを見ていて驚愕する。
かのイチロー選手が同い年、同学年なのだ。
なんなら私の方が半年ほど年上。

昨日の試合はちょびっとだけ見ていた。
既に一年程前から所謂加齢による視力障害(ものは言いよう)が発現しているワタクシ。
精神的には若い(というか幼い)つもりでも寄る年波には抗えず、今もあちこち痛いし動きも鈍い。

鍛えている野球選手でも年齢半分くらいの選手と比べたら色々衰えは感じてしまうんだろうなーと思ってしまう45歳。
多分引き際なんだろうけど、とりあえず興行的に出されているんだろう、なんてことも想像した。

我々みたいに60だの65(勘弁して)まで多分働ける者とは違って体の衰えやらモチベーションやらなんやかんやで『最後』の時をいつにするか考えるんだろうな。
もう充分に実績があっても一生遊べるだけお金があってももういいやって思えないんかな、やっぱワシら凡人だからそんな俗な思想になったりする。

私も適当な時期に引退したいが残念ながらまだ
それを許される状況にない。
お兄が国公立に行ってくれたら…という壮大で無謀な夢は……。

# by kamkim22 | 2019-03-19 21:14 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)

卒業式まであと2日。

青空が清々しい月曜日。
卒業式まではとうとう2日になった。
e0366202_11341328.jpg

朝からカウントダウンをLINEに送りつける母。

数日前のお友達からのカウントダウン画像を見せてもらうと見たことないアニメ?キャラ。
「ああ、コレ『ストプリ』」
お嬢に教えてもらったが何のことだかわからない。
多分お嬢もわかってはいない。
『うたプリ』なら知ってるけど。
若者は色々ご存知ですなぁ。

明日も通常通り仕事があるからある程度の準備は土日にしておいた。
服、カバン、等々。
卒業式後のスケジュールが長いし、家から出っぱなしになるから忘れ物したら悲劇。
現金もいくらいるのかよくわからないし、基本あらゆる事を想定してしまう母は荷物が増える傾向にある。
あとは忘れてはならんのが男性陣の食事。
お兄とオット2人分の夕食だ。
オットも帰りがいつになるかわからないから外食してこいとも言えないし。
デジカメの充電、ビデオの容量、お嬢の着替え、まだ用意と確認が必要なものが沢山ある。
卒業式ってそんな大変な行事だったっけな?

お嬢さんの方はあと2日の学校生活。
もう授業はなく(残ってるテストはあるらしいが)、卒業式の練習がメイン。
明日は大掃除をしたり成績を貰ったり。
ギリギリまで給食を食べさせていただけるのがとてもありがたい!(切実)
中学は京都市の選択制給食制度を導入してないらしいのでやっぱり弁当だ。
4月から毎日3つ〜……(白目)

一部私学や他の中学に行く子はいる(お嬢もだけど)が、基本的にはみんな同じ中学。
しかも仲のいい子とはLINEで連絡を取り合えるし、近所に住んでるので特に卒業するのに寂しいとかは感じていない。
それどころか
「あー、やっと卒業や!」
と嬉しそうだった。
授業が退屈で堪らなかったから早く卒業したかったらしい。
卒業式でも泣きそうにないな。
お兄みたいに卒業してから図書室の本返してなかったなんて事がないようにしてよ!(笑)

# by kamkim22 | 2019-03-18 20:24 | うちのお子さんたち | Comments(0)
追試とか言われずに一発で進級を決めたらラノベを買ってあげましょう、という約束をしていたので今日は朝から買いに来た。
ついでにあまりにも酷い部屋を片付ける、という追加条件を出した所「どれくらい片付けたらいいのかわからない」などと訳の分からないことをぬかす。
どこからどう見ても部屋の真ん中に少しフローリングが見えるようになっただけ、という状況だったのにそれでも本人には片付いていると思えるらしい。
母に激怒され、なんとかマシになった、というレベルにはもってきた。
ある程度机の上だって片付いてないと受験勉強どころじゃないと思うのだが。

なんとか片付けにギリ合格点を貰えたお兄とお嬢を連れて、本屋の前にGUに行く。
お嬢好みだと思って連れて行ったのだが、「ガラガラしてない!」といたくお気に召した模様。
ユ●クロのキッズサイズのレギンスパンツがこの間から相次いで破断する成長期(太ったんちゃうか?)、お安いのは助かるし好みがバッチリ合ってて本当に良かった。
ただレディースのジーンズを買ったところ、気に入ってすぐ履き始めたのはよいが「不器用でボタンが止められない」とトイレに行く度に止めてくれと言いにくる(笑)
子供服からの脱却にはもう少し、かな。

GUの後はお兄お待ちかねの大型書店へ。
子どもたちは問題集も買うとのことで入店するなり全員自由行動へ。
お兄は数学と物理の問題集、お嬢は中学入学準備の問題集と中学用の問題集を選ぶ。
e0366202_20504467.jpg

まだ入学もしていないのに、やる気だな!

問題集を選んだらお兄はラノベ、お嬢は文庫本、母はBLノベル(←!!)のコーナーへ。
それぞれの様子を見に行ってみると2人とも沢山抱えて「重い!」と訴えるので、それぞれに買い物カゴを渡す。
大型書店だし、カートも置いて欲しいね。

お嬢も最近は小説(ラノベ寄りだが文庫コーナーにあるやつ)を読みだした。
もう少し文学を読んで欲しいとは思うが。
お兄さんは本当に訳のわからないラノベ中毒。
最近は読みすぎてもうあまり買わなくなりつつあったが、受験前に買うのはコレが最後!ということでカゴいっぱい選んでいた。
母は…一番欲しかった『美しい彼』の続編は買えたが…品揃えに不満があった。
一穂ミチ先生とか、凪良ゆう先生とか、月村奎先生とか、なんでそんなに置いてないんだよ!!💢
卒業式後にお嬢たちがボウリングしてる間に買いに行こっと!

買い物カゴ2つにいっぱいになるくらい本を買ったのが初めてなら、本屋の会計が3万近くになったのも初めて。
必要かどうか迷ったが、キャリーバッグを持って行ってよかった(笑)
あまりの買いっぷりに
「本屋のないド田舎から出てきて初めて本屋来た人、みたいや…」お嬢が呟く。
お兄さんはラノベ読んでる場合じゃないんだけどねー。
キャリーバッグも相当な重量になっていたから明日お兄は「腕が上がらん」とか言いだしそう。

# by kamkim22 | 2019-03-17 21:10 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)

卒業式まであと……。

卒業式まであと数日。
先週お嬢から爆弾発言「国語があと1単元終わってない」。
そしてその後、「終わってなかった単元は授業2回で終わった」
まー昔だと中3の公民がほぼ最後の方終わらないまま、なんてあったけど。
ちゃんと計画立てて授業してるんじゃないのか?
保護者会ではしっかりした担任のように思えていたが、お嬢の評価はすこぶる低かった。
授業2回でも出来る子はテストでいい点を取ってくる。
でも普通からそれ以下の子はそうじゃないんじゃないか?
義務教育ってその日程だけ終わればいいってもんじゃないだろ💢

卒業を控え最近お嬢のLINEにはお友達が毎日カウントダウン画像を送ってくるらしい。
見せてもらったが、自分でアニメなどの画像を加工して作っているらしくなかなか小学生にしちゃ凝っている。
なので母も……
e0366202_22092303.jpg

何も凝ってない(笑)

忙しいので手間のかかるのは無理だわ。

卒業式の日はどうやらとても暖かいよう。
雨が降らない事が一番の希望だが、晴れて暖かければそれだけ荷物が減らせる。
卒服のまま午後のパーティ。
家には戻らずに何処かで着替えて二次会に繰り出す予定らしい。

………って。

まず親は子供たちが勝手に決めた予定にご同伴だし、途中で着替えるとか言われたらそれも用意しとかなきゃだし。
自分たちでアレコレ決めるのはいいけど、それに伴う準備はまるっきり人任せ。
そらま、小学生だけどさ。
着替えを持ち運ぶのだってパーティに引き続いてともなればイ●ンのビニール袋に入れとくわけにもいかない。
夜は寒いかもとか、雨降るかもとか、事前に情報収集して荷物を作っとかなきゃ。
そういうのは彼女たちのアタマでは思い浮かばないわけね。

お兄の頃どうだったのかは彼が母同様の陰キャで群れて遊ぶのを嫌がる人だったからよくわからない。
午後に近所の飲食店を貸し切って茶話会をした後は本人もめんどくさがって参加してない。
もしかしたら5年前もそうだったのか、あるいはだんだん派手になるのか?

母はいつまで拘束されるのかと思うと軽くブルー入っている。

# by kamkim22 | 2019-03-16 23:38 | うちのお子さんたち | Comments(0)