中学受験ってこんな大変なものだと思ってなかったから最後までもつか自信ない。

3月になり、お嬢は6年生中学受験コースが開講。
まだ一月経ってないとこだが、今のところ日曜以外で週4回授業+週2回自習に通う。
それもう毎日やん!
そのうち日曜も一日塾に通うことになるのだ。
どんだけ授業料取られんのよ😱

平日の通常授業の時間帯は5年の時と変わらないが、恐ろしいことにその後に任意の追加授業がある。
終わったら10時!!!!

最大の問題は『お迎え』だ。
塾までは遠いわけじゃない。
が、小学生女子を一人で帰宅させるには若干不安な箇所が幾つかある。
女子力ほぼ皆無のお嬢だって一応女の子だからね。
自転車で通うお友達が一緒に帰ってくれた5年の頃は良かったのだが、6年になってクラスが別れてしまった。
追加授業の時間帯も違う。
そうなると…やっぱり行かねばなるまいて。

しかし10時だ。
私平日4時起きだぞ。
出来るならお布団に入っていたい。
最低でも10時半までには寝たいんだよ。

追加授業は月曜と金曜。
お連れがいるかどうかは当日の状況にもよるらしい。

いや、一人お迎え要員がいた。
父だ。
その日の仕事によっては帰宅時間が一定しないが、さすがに10時を過ぎることはない。
娘の為に、行け父よ!

だがしかし!
折しも3月。
父はご宴会が多いらしい。
金曜はともかく、月曜に入っているものもあるらしい(月曜に宴会する職場ってどうなの?と思うが)

「ワタシと宴会どっちが大事なの?」

愛娘に叫ばれ(からかわれているだけだが(笑)、早めに切り上げる父。
それでも間に合わない日もあった。

仕方ない、母出動。
「10時に塾の前にいるから。絶対すぐに出て来て」
と事前に言い聞かせてあった。
そうでもしないと質問してたりしてなかなか出て来ない。

夜10時。
意外と冷え込む3月の夜。
その日は風も強かった。
同じくお迎え、とおぼしきクルマが数台停まっている。
何処も同じ…か。
クルマを出さなきゃいけない距離じゃないだけマシなのかもしれないが(クルマそのものを所有していないが)、いつ出て来るとわからないものを待ち続けるのは辛い。
メールしても返事はない。
次々と出て来る生徒の中にも姿はない。
厚着をしてきたのに寒さが身にしみる。
ついでに眠い。
四時起きだからね。
仕方なくその場で少し体を動かす。
塾前で待つ保護者じゃ無ければ不審者だろ私!

結局お嬢が出て来たのは10時10分。
時間にすれば僅かだが、ただでさえ平均睡眠時間が6時間を割り続けている母にとってはその10分が貴重。
これ月金と続くのか?………ムリ。

一緒に戦うくらいの覚悟がないと子どもを中学受験させるなんて出来ないのかもしれない。
でもね、去年高校受験で戦い、2年がかりで自分の試験とも戦ってたのがやっと終わったのよ!
塾弁が週3回に増えたのもちゃんと作ってるし、自習用におやつも揃えてある。
結構協力してるよね、私?

…などと思ってみるが、かといってやっぱりお嬢をその時間にひとりで、など恐ろしい。
この1年限定のことと思ってこっちも耐えねばなるまいて。
飲み会も数を減らして(てか元々そんな行ってないが)こっちも頑張るってば。
超難関私立中学を目指す子だったらもっとハードなことになってたかもしれない、と思うとまだマシなのか?

[PR]
by kamkim22 | 2018-03-22 07:05 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)