小学5年生が塾に行ったきり13時間帰ってこない件。

日曜から6年生受験コースの春期講習が始まった。
いつもの授業とは時間帯が違うんだから弁当はいらないよね?と甘く見ていたが、夜用の弁当を当然のように要求される。
8時過ぎに終わるんだし帰ってから食べたらいいんじゃないの?
夜の弁当一週間サボれる気分になっていた母は抵抗を試みるが、あっさり却下。
終わったからってすぐに帰ってくるような人じゃなかったのだ…。
講習は日曜から土曜まで。
最終日はテストのみなので早く終わるが、金曜まで毎日弁当だ。
あぁめんどくさ。

たまたま火曜日休みが入っていた母。
「昼ごはん11時で!」
と無茶な要求をされる。
11時から昼食をとり、12時前には塾へ。
講習は3時からだが、特に用事がない限りは早めに出かけていく。
始まる前から自習のためだ。
ちなみに火曜は昼食を作るまでの間もせっせと勉強していた。
世間の母親たちが羨ましいって思うだろうな。

だがしかし!

勉強するのはいい。
しないよりはいい。
勉強してると言ってベッドの上でケータイを開いていた兄さんよりはいい(こっちの方が学生の標準的な姿だが(笑)

休み明けの水曜日、スマホに届いた塾のメールに目を疑った。

『入室時刻10時40分』

晩ごはんは弁当にしたが、昼ごはんはナポリタンを作り皿に盛ってきた。
…あれ?
お昼ごはんもう食べて行ったの?
食べずに行ったの?

兄に事情を聞く。

彼女は
『8時半に起床し、朝ごはんを殆ど残した。
そして10時から昼食をとり、これも少し残して
「兄ちゃん、皿洗っといて!」
と言い残しとっとと出て行った』
とのこと。

確かに春休み中ではあるが、それでもお母さんが仕事に出るまでには連絡事項もあるし起きてきてね、と言った事を兄は忠実に実行し6時半までには起ききている。
休みなんだから『お手伝い』という大義名分で「洗濯物を二人で協力して干す」事を命じてきたが、起きてこない妹のおかげで100%お兄が請け負っている。
言っても倍ほど言い返されるから何も言えない兄さん!かわいそう(笑)

めっちゃ勉強してるよ。
受験生だ。

でもそれだけで全て許されると思ったら大間違いだ。

このところ夕食を家で食べられないお嬢の為に、家族となるべく同じメニューを弁当に入れてやるようにしている。
その為に前夜には殆ど次の夕食が出来上がってる状態だ。
娘が頑張っているんだから、と母も必死で協力してる。

それでご飯残すとか? 
母に対してケンカ売ってんの?💢
夜9時半過ぎにやっと帰ってきたお嬢さまにお説教する。

とりあえずご飯を残すこと、朝食からそれほど時間をあけずに昼食をとること、そして何よりも朝ダラダラと寝ている事はいけない。
これが休み中に習慣化してしまうと新学期エライ事になってしまう。

「だってさー、家やと勉強出来ひんねん」

だから塾で自習したいのだ。
家で出来ない理由はなんとなくわかる。
お兄さんが歌ったり歌ったり歌ったりで煩いんだよね。
ならお昼は弁当箱に詰めてあげるから変な時間に食事をとることはやめてほしい。
そして残さんといて。

木曜からは昼用、夜用と弁当を作った。

木曜日のお嬢。
『入室午前8時半➡︎退室午後9時半

母の始業時間に塾に入り、4時間残業くらいの
時間まで滞在していたことになる。
途中弁当食べる以外に休憩といえば授業の合間に短い時間あるくらい。
塾にいて勉強以外の事など出来はしない、みんな勉強しに来てるんだもんねり
だが、そんなに長時間集中出来るものなの?
母だって仕事中結構動き回ってるけどお昼食べて2時過ぎると眠気マックスなのに。
小学生でそこまでって、なんか勉強の変態ではなかろうかと思ってしまう母だった。

e0366202_22110315.jpg
そして朝ごはんには⬆︎のメモが置かれるように(笑)

[PR]
by kamkim22 | 2018-03-30 22:21 | うちのお子さんたち | Comments(0)