受験生の日々〜中学受験編〜10

昨日は珍しく塾の休館日。
この3連休受験生は特訓があるからだと思われるが、レアポケモン並みにつかまらないお嬢と久々に金曜の夜のご飯を一緒に食べた。

で、テスト直前の兄さんと受験生のお嬢。
食事が終わったら勿論勉強だよね?
先に動き出したのはお嬢。
「下で勉強する!」と言って塾のテキスト類をリビングに持ってきた。
お兄は二階の自室で。
お兄が煩いというから離れた方が集中できるんだろう。

8時半から勉強スタート。
予定はいつも通り11時まで。
母は邪魔にならないように静かに家事に勤しむ。
そのうち家事も終わってしまい、テレビを見るわけにもいかないので横になる。
静かなリビングで聞こえるのはテキストをめくる音とカリカリと書き進める音だけ。
途中で翌日の天気が気になりNHKのデータ放送を確認する。
テキストの一部分のコピーを取ってくれ、と言われる。
時間中に彼女と話したのはそのくらい。
あとはただひたすらテキストを解き進め、採点をし、また解く。
母は軽く酔っ払っていたので(笑)正確な時間はわからないが、当初の予定通り11時まで静かに勉強して自室に戻った。

長時間塾の自習室に籠ってなかなか帰ってこないお嬢。
そんな長時間集中出来るのかと思っていたが、やっぱりやっているのだ。
集中してない子は追い帰しますって塾長が言ってたけど、帰された事がないからやっぱりやっているのだ。
スゲー集中力。
母は今年の初めまで仕事の試験受けとったけど、試験時間1時間半のうち3〜40分くらいしか大人しく座っていられなかったよ。

コレがお兄だったら…。
「なんか飲み物ちょうだい」
「そういえば母ちゃん、今日な!」
なんやかんやで10分に一度は話しかけてきた挙句、
「ちょっとウ●コ!」
とトイレに入り、何が勉強してんねん?!と思っているうちに9時になると閉店ガラガラだ。
この集中力、同じ親から生まれた兄妹と思えない。

e0366202_21502542.jpg

お嬢の解いてる問題も難しい。
最近塾で購入した受験生用の実践問題集みたいなやつをこれからどんどんやり込んでいかなきゃいけない。
4教科それぞれに色んな学校の過去問が掲載してあり、それぞれがまた結構な厚みなのだ。
中には灘とかの超難関校の過去問もある。
解けたとしても行けないんだけどね。
色んな問題を解くことでたとえ志望校の傾向がいきなり変わったとしても影響少なくできるってことかな。
なんかどんどん『その時』が近づいてる感だなぁ。

[PR]
by kamkim22 | 2018-10-06 22:57 | うちのお子さんたち | Comments(0)