受験生の日々〜中学受験編〜13

先日は塾との面談。
多分これで受験までは最後になるだろう。

塾の担任はまず受験日程の一覧を手元に用意し、志望校の確認をされる。
統一入試日の初日が本命の公立中高一貫校、翌日の午前中に私立を一校受験することを告げると少しビックリされる。
ひたすら公立中高一貫のことしか頭になかったのが私学も受けますとなったからか。
進学フェアで私立も何校か説明を受け、そのうちの一校を受けたいと言い出したとそれまでの経緯を説明した。
友達も受ける子が多いらしいので影響をうけたのであろうが、お嬢はホントにうけるだけで公立以外に進学する意思はない。
というか、お兄がアホすぎて国公立が限りなく無理そうなのだ。
理系の私大生と中学から私学の子とか経済的に破綻する。

2校目の受験を告げたところで進学フェアで説明を聞いたものの受験するという決定に至らなかった私立校の話を出される。
「2日目の午後に受けられますよ」
確かに。
統一入試日からの3日間に殆どの中学の入試が行われる。
午前、午後、と利用すれば最大6校受けられるって…どんだけ私学行きたいねんって話だが。
そもそも私学に行かせる気がないのでそれに関してはナシで。
うちのお嬢だったら受けるとなるとまた赤本買えって言うし、大体受けるってなったらついていかなきゃいけねーじゃん!
私学に対してそこまでガチで受けるわけじゃねーからいいのよ。

担任やその他各教科担当からも高い評価をいただいている。
成績も良好。
「家庭で何か話とかしますか?」
いや、塾に行きすぎて殆ど平日は伝説ポケモン並に遭遇出来ないんすけど。
話も何も。
家におる時は話すよ。
めちゃくちゃ話すよ。
塾で『〇〇(このへんの地名)のチラベルト』と呼ばれてるとか、生活習慣悪すぎる子が出禁になったとか。
ただ学校の先生の事はボロカス。
だが、お嬢レベルの生徒たちはこぞって学校の先生というものをバカにしているらしい。
ほぼ中学レベルの勉強をしていて超ハイレベルの問題で質問しても答えてくれる塾の先生の方が上だと思っているのが彼女たちの傾向。
学校の先生だって大変なお仕事なのだが。

お嬢に関して気になることといえばやはり『喋ると極端に発覚する子供っぽさ』なのだ。
子供だから子供っぽくていいんじゃないかという意見もあるが、先日のテスト(算数)でも
e0366202_15520266.jpg
偏差値80オーバー!
しかも『4×4を36にしてしまい4点落として満点を逃し2位』(マヌケ)
「こんな偏差値はあんまり見たことない」と塾の先生に言わしめる成績を出しておきながら、話すと別人か?!と思わせるくらい喋ると幼稚さが露呈する。
わかってます、わかってます。
お嬢は喋るとアホっぽい(そこまで露骨には言われないが)。

塾の先生に質問をしに行くのは良いのだが、キチンと要点をまとめて要領よく聞く、というのが出来ていないらしい。
言葉遣いなんかもちょっとアレ。
本命校の入試では面接がある。
正解のない課題を直前に見せられ、それに対する自分の考えを瞬時にまとめ発言する。
それだけでなく人の意見も聞き、それを踏まえての自分の考えを言えなければならない。
学力的には申し分ないが
「不合格になるとすれば面接」だと。

わからんでもない。
初体験の面接という場でどれだけ自分を出せるのか、キチンと要点をまとめて自分の考えを言えるのか、お嬢は本当に読めない。
お兄は高校受験で初めての面接だったが、意外と落ち着いていた何を聞かれたか、周りが何を言っていたか、面接会場内部の配置までよく覚えていた。
お嬢だって小学校の児童会(みたいな委員会)で委員長もしているし、全校生徒の前で挨拶をした事もある。
これが数人のグループ面接、しかも自分と同レベルの頭を持った子たちと意見を戦わせるとなった時に他と同程度かそれ以上の発言ができるのか。
同じ学校に今年合格した塾の先輩のインタビューを聞いているととてもしっかり受け答えしている。
お嬢だったら
「えー?私頑張ったしーうれしー!」とかしか言わなさそう(笑)

お嬢の子供っぽさ(というかアホっぽさ)を塾の先生も母も心配している、というとお嬢が懸命に否定する。
「そんなことない、うちめっちゃしっかりしてるで!」
いや、しっかりしてる子は自分でしっかりしてるって言わないから!

小さい頃は義母から「この子は頭の回転が速い」とよく言われたものだった。
確かにそうだったんだが、最近は回転速度が速すぎて頭のネジがボトボト落ちてったんじゃないかと思う。
同じ塾に通うクラスメイトは普段の受け答えもしっかりしていて正直お嬢より大人っぽいし、それだけで賢そうに見える。
お嬢はどっちかというと低学年男子みたいな感じがする時もある。
常識的に教えなくてもわかってるだろうと思っている事を知らなかったりするし、なんかちょっと不思議ちゃんぽいのだ。

普段見せてる姿はあくまで自宅仕様でお外では完璧にやってみせますよっていうのならこっちも安心出来るのだが、今のところ台詞の用意された場での完璧さしか見てないだけに面接という戦場でどれだけ戦えるんだか。
今年の受験者の中でも点数取れてるのに…という逆転現象が起きたとのこと。
ペーパーテストの点数を開示してくれるだけに『点数取れてて落ちた』となるともうそれは面接でアホな事かましてきた、としか考えられなくなる。
今でA判定出てるだけにそうなったら悔しいからなんとかならんかな?とは思うんだが、家で面接練習か?
本人が「ちゃんとできるし!」と思い込んでるあたりが非常にアヤシイ。
いや、ホンマにアホっぽいから。


[PR]
by kamkim22 | 2018-11-10 15:57 | うちのお子さんたち | Comments(0)