高校二年生の個人懇談に母は行きたくない。

二学期の中間テストでも惨敗を喫し、次の期末まであと3週間を切った。
塾からは中間・期末よりも受験勉強に主眼を置くよう言われているが、理系のクセに化学で赤点を記録し続けるのはいかがなものか。

中間テストの後、神妙な顔で今後は自習室に通うとかやり方を変えてみるとか言ってみたものの喉元過ぎればなんとやら。
自習室に行ったってその後家では何にもしないし、そもそも体調が悪いのなんのかんの言って週1回も行っていない。
MLBが来日すればグダグダ野球見とる。
やるとかやってるとか頑張ってるとか、あくまで甘々な自分基準で言われても行動が伴ってない感が強くて信用できない。

比べてはイカンと思いながらも小学生にして寸暇を惜しんで猛烈に勉強する妹がいる一方で、コレで成績上がったら奇跡レベルの勉強時間(基本ほぼゼロと思われる)だ。
勉強する子が殆ど、のクラスなんだからそりゃビリで当然。
お嬢が日曜の朝食後、塾に行くまでの僅かな時間にも机に向かっていたのを見てしまったので兄があまりにも頼りない。

クラスでビリでも模試でそれなりに点が取れれば、若しくはそれなりの努力が見られれば大学受験にもまだ可能性はみえてくるのだろうが、とりあえず期末テスト後に間違いなく訪れる三者懇談が憂鬱。
クラスの人数イコールクラス内順位、という惨憺たる成績を見せられ「どうすんの?」と冷ややかな担任、歯切れの悪い言葉しか出てこない息子、という光景が容易に想像できる。
膠着状態の懇談って苦行だぞ。
父行け!父が行け!たまには父が行けよ!!
ここ最近の体調不良もあいまってちょっとキレ気味になる母。

「父ちゃんが懇談に来るのはあらゆる面で嫌!総合的に嫌!」

息子さま本人は懇談に父登場、を断固拒否。
基本教育的な部分での信念も何もない人だからその場で厳しい事を言いだす恐れは母に比べてかなり低い。
おそらく彼が懸念しているのはそれ以外の部分。
『絶品チーズバーガーTシャツ』を着てくるんじゃないかとか、とにかく「父です」と世間様にご紹介するのに若干恥じらいを感じてしまう父であるらしい。
会社ではそれなりのお立場で平穏に社会生活を送っているのだけどな。
こういう場で親としてまともな発言が出来るのかは未経験なだけに限りなくアヤシイ。
大体大学受験すら経験してない人だから。

父登場を嫌がる彼の気持ちはわかるが、嫌だと言われたら嫌がる事をやりたくなるのがまたドSの心理www
更に塾での偏差値70越えが通常モードになってきた『お嬢』が伝家の宝刀として控えている。
お嬢が兄の先生と対峙した暁にはあまりにもダメ人間である兄の日常を余す所なく暴露していただけるだろう、ケケケ。
まぁ、そんな暇ないだろうが。

良い結果を出せばラノベが豊富な本屋で思う存分買い物させてやるって毎回言ってるのに、なぜかご褒美だけを毎度しれっと手に入れている。
こうなると罰ゲームしかないだろ(罰にされてしまう父って一体…)!
ていうか、ホンマに重すぎる懇談はツライ。
行きたくない。
あー行きたくねぇーー!!

[PR]
by kamkim22 | 2018-11-15 22:25 | うちのお子さんたち | Comments(0)