高校二年生は小学6年生に翻弄される。

先日、お兄が突然叫ぶ。
お菓子の置いてある棚を探っていたら
「彫刻刀が落ちてきて足を掠めた!」
そういやお嬢が来週彫刻刀が学校で必要やって言っとったわ。
しかし恐ろしい事に先っちょのカバーがついておらず、刃が剥き出しの状態だった。
大事に至らずよかったのだが。

後日それについてお嬢に苦情を言ったお兄さん…だったが。

「落ちてくるのは落ちた原因があったからやろ!」と一蹴される(笑)

『お前が剥き出しで置いとくからじゃぁァァァ!!!』
と言いたいけれど言えなかったお兄さん。
口の達者な妹に現時点でもう勝てない。

高2と小6、年の差の割に仲の良い兄妹だと思う。
ちょっと前までは2人、家の中でよく遊んでいた。
どっちかというと妹大好きの兄(変な意味ではない)、最近は塾に入り浸りで不在がちな妹がいないととても寂しいようだ。
たまに早く帰ってくると
「なぁなぁ〜○○〜○○〜(←お嬢の名前)」
としつこくプロ野球の結果だの直前に見たテレビの面白いシーンだのを教えようとしている(しつこすぎてウザがられているが)。

お嬢が小学生になって学童に通い始めた時も、小6だったお兄さんは何も頼んでいないのにお迎えを買って出てくれた。
そして母の教育の賜物、妹と歩く時は必ず自分が車道側にいくのだ。
アホでもそういう事出来るオトコノコって素敵だと思うのだが、お嬢の方はお兄を召使いのように扱い、手荷物を全部持たせたりする(そしてせっせと従うお兄さん(笑)

今年度は土曜の夜2人とも塾に行く。
お嬢は6時前、お兄は8時までなのだが、2人とも帰って家族が揃ってから夕食にしたい。
お嬢の方は授業終わってから自習したいし、お兄が終わったらお嬢の塾に迎えに行って2人で帰ってきてくれたら8時過ぎにみんなでご飯!
よし、今年はこのパターンだ!と思った。

初めの数回はコレでうまくいった。
しかしある日何故かお兄だけが帰宅する。
しかも怒っている。
「連れて帰ろうとしたら拒否られた」そうだ。
『今日もお兄と帰ってきて』と連絡していなかったせいなのか、「お兄が来るとは思わなかった」と言うのが妹の言い訳。
いや、毎回同じ時間に塾なんだから同じパターンで帰ってこいってなるだろうよ。

更に数週間後、またお兄だけが帰宅する。
「迎えに行ったら『カエレ』とジェスチャーされた。なんなんアイツ💢」
と怒る。
しかし妹は言う。
「あれは『ちょっと待って!』のポーズやったんやけど、お兄帰ってしもた」
ややこしいわ!
メールで連絡取り合えや!

更に数週間が過ぎた頃、お嬢が訴える。
「お兄のお迎えはいらない!
というか絶対イヤ!!」

どうやら時間になると塾の外から覗き込んでいたため一時不審者と勘違いされてしまったようで、そんなお兄が恥ずかしいから迎えにきてほしくないとのことだ。

幼少期からあまりにも兄に世話になっているにもかかわらず、我が家のヒエラルキーでは「お兄が一番下」とのたまうお嬢さま。
アホでバカで中二病で頭オカシイと思っていらっしゃる。
だからって嫌いなわけではない。
嫌いじゃないが勉強しようと思ったら隣で歌い出すのでうるさくて困った兄貴だと思っている。
嫌いじゃないが人様の前に出すのは恥ずかしい(笑)ので外ではかなり邪険に扱う。

彼女自身は『世界は私中心で回ってるの』思想の持ち主なので、お兄への酷い扱いも「私からだから幸せでしょ?それでも私のこと好きでしょ?」くらいにしか思ってない(笑)
お前、毎日寝坊しそうでお兄に声掛けてもらってるくせに!
結局兄さんはいつまででも妹に振り回されっぱなしなのかなぁ?
はたから見れば優しい良いお兄さんなのに。
e0366202_19580371.jpg







[PR]
by kamkim22 | 2018-12-05 20:57 | うちのお子さんたち | Comments(0)