人気ブログランキング |

無謀な国公立大志望の受験生(兄)と公立中高一貫新入生(妹)と腐れヲタの母。今日ものほほんと生きてます。

by ota_haha

カテゴリ:うちのお子さんたち( 297 )

通勤電車に学生があまりいない。
お嬢も先週から夏休みに入ってるし、電車に煩い私学の小学生がいないって最高。

このあいだの京アニショックはやわらいできたもののニュースを見るたびにまた涙が出る。
なんというか、短絡的で思いやりのない、しかも40代かそれに近い年代の犯行がこれ以外にも多くて40代としては複雑だ。
こういう年代が育てた子供たちはもっと酷い事になるんじゃないかと恐ろしくもある。

京アニ事件の前日、お嬢の三者面談があった。
地元公立中学ではさらりと定期テストの点数、五段階評価を一覧にしたものを渡されるだけだった。
「順位って出るのかな?((((;゚Д゚)))))))」
同じ部活の保護者と未体験の中高一貫の成績開示に怯える(そりゃ、入試の点数も開示するくらいだから)。
とりあえず子ども向けには順位の発表はなかったらしい。
懇談ではどうなのか。

席につくとまず最初に成績の資料を提示された。
点数は勿論、各教科ごとにヒストグラムがあり100点以外は5点刻みのグラフとなっている。
その中で自分の点数の属する範囲だけ白抜きにされている。
今年度から着任したばかりの担任が1教科ずつ丁寧に説明してくれる。
「◯◯は『90〜94点』の範囲に入っていますが得点が94なので同じ点数の人がいなければ学年で一番、ということになりますね」
お嬢がテスト返しの時に聞いてきた学年最高点も嘘ではなかった、ということだ。
何教科かで学年(おそらく)トップ、他の数教科も10〜20位以内には入っているだろうとのこと。
各教科担任からも課題の提出状況、忘れ物、授業中の挙手などで良好な評価をいただいている模様。
総じて「特に言うことない、このまま継続して」とのこと。
非常に楽な懇談だった。
史上初、と言っていいくらい。
こんな懇談なら何回でもいいわ〜♩

しかし恐ろしいデータもある。
各教科軒並み70程度の平均点があるのだが、数学だけは20点程度低めになっている。
中学一年の最初の中間テストの数学なんて、満点かそれに近い点数が取れるものだと勝手に思っていた(母は中一の一学期の数学は中間・期末とも満点だった)。
ところが平均が50点台。
お嬢のように90越える子から20点台まで。
小学校ではほぼトップクラスにいた子達が集合している学校。
ほぼ全員が小学校レベルでは常に満点を取ってきたような子どもたちもまずは入試で「え?こんな点数?!」とビックリし、入学した途端に難解なテストで今まで取ったことのない点数取ったらショックだろうな。
お嬢はくもんでの先取りが大きかったのか(受験後自主的に予習もしてた)今の所は苦労はしていないが、既に「わからない」と言っている子も多いという。
もしも少しでも気を抜けばすぐに置いていかれる可能性がある。
恐ろしや。
e0366202_21314837.jpg


そして勉強重視の中高一貫ならではで成績が振るわなかった子は夏休みの補習にお呼ばれするそうだ。
学年でおよそ1割程度が英数国それぞれの補習が必要としてお呼びがかかるらしい。
中には1人で二教科呼ばれる子も。
お嬢の先輩も昨年度は三教科ともお呼び出しがかかったそうだ。
それだけ手厚いといえばそうなのだが、小学校では上位を占めていた子達がいきなり中学でついていけなくなり補習に呼ばれるとかメンタル面が心配になる。
でもそんくらい厳しい世界。
入る前からわかっていた事ではあるけど。
お嬢はやたらと強いお方なので補習にでも呼ばれようものなら寝ずに勉強していくだろうし、そもそも補習にかからないように事前に努力していく。
それがいつまでも続けばいいな、と思う。
もしつまづいてもそこで折れずに。
つまづくことがなさそうなキャラだけど、先には何があるかわからない。

お兄様は今週勉強合宿のため不在。
三食ついて一日中お勉強。
この人こそ早く自分の置かれた立場や状況を理解して開眼してもらわないといけないのだが、きっと帰ってきたらまず阪神の結果からチェックするのだろう。
どうやれば目覚めてくれるのやら。

by kamkim22 | 2019-07-31 21:37 | うちのお子さんたち | Comments(0)
お兄さんは一学期の期末テストを終えた。
受験生なので定期テストにばかり気を取られているわけにもいかないが、同級生の中には『テスト対策をするために補習を休む』という子もいるらしい。
うーん、それはいいんだか悪いんだか。

テスト2日目だった水曜日、多分テストもまだ終わりきっていないくらいの時間にメールが送られてきた。

『化学、開始10分で書き終わった!』

…は?
苦手なはずだが10分で諦めたか?!

『多分9割は出来てる!』

…へ?

そういえばテスト前に言っていた。
「配られてる問題集の中からそのまま出されるから、答えを丸暗記していく!」
功を奏した、と言っていいのか。
本当に丸のまま出されたから覚えた通りを書いていった。
結果が出てみないと9割取れてるのかわからないけど。

もしかしたらあまり中間テストが全体的によろしくなかったからアホの子に配慮して点を取りやすい出題にしてくださったのだろうか。
ただ丸のまま出す、ということにあまり意義は感じられない。
9割取れてもそれが実力だと過信されたら困る。

お嬢は二学期制のため9月まで定期テストはない。
ただ、単元終了時にはその都度テストがある。
数学の二度目の単元終了時テストを受けてきた。
友達の情報による学年最高点を上回る点数だったらしい。
その情報は確かか?

既に夏休みの宿題も徐々に言われ始めているらしい。
「ということは、もう始めてもいいんだよね?」
そら、そういう意図があって早めに言うんだろう。
多分地元の公立とは比にならない量と質を誇る宿題が出るのだよ。
小学校の夏休みの宿題などドリル系は簡単すぎてすぐ終わらせていたが、お嬢の中学はそうもいかない。
早速課題図書を買いに行き、夏休みにやる英単語の問題集も仕入れる。
自由研究用なのか画用紙とレポート用紙を買ってこいとのオーダーもあった。
お嬢といえば計画魔と呼んでもいいくらい計画的に物事を進めるのでおそらくキチンとやっていくのだ、何も心配してない!

e0366202_22240999.jpg

ほんで、もう既に課題図書には付箋が貼ってあったり線が引いてあったりする。
感想文じゃないの?
なんかの研究すんの?
普通の公立しか知らない母には想像もつかない。

by kamkim22 | 2019-07-13 22:27 | うちのお子さんたち | Comments(0)

女子中学生と母の休日。

うちの中学生が物凄くたのしみにしていた『劇場版Free!』。
部活だの何だのでなかなか都合を合わせるのが難しい状態だったが、なんとか公開3日目に行けることに。

だいたい映画は朝イチで、というのが我が家の定番。
変な時間に行ってそれまでの時間とそれ以降の時間が中途半端になるのが嫌なのだ。
日曜の初回上映が8時20分!!
ネットで座席は確保していたので行ったら発券してパンフを買うだけ。
映画館へも家から30分とかからない距離にあるところなのだが、到着した時にはもう入場が始まっていた。
朝早くから結構ヘトヘトだ。

映画は2人で楽しく鑑賞した。
そして「ここまで来たらアニ●イト行くよね!?」というお嬢の謎の決めつけによりアニ●イトに。
試験の結果が良かったら、って条件でこの間は行ったのに結局もうあまり関係ない。
e0366202_21345625.jpg

とりあえずお友達には「半裸の若い男の子たちが時々抱き合ってる話」を見てきた、と説明する模様。
うん、正解。

お昼は前々から一度行ってみたかった牛カツの店に。
e0366202_21351577.jpg

ほぼ生やん!
お陰で出来上がりも早いのでちゃっちゃと出てきた。
お嬢はそれほどお肉が好きなわけではないが、とても柔らかかったので珍しいくらいのスピードで食べていた。
だし醤油と山葵、山椒塩など色々な味で楽しめた。
美味かった!

そして昼食から1時間と経たないうちに
「喉が渇いた!」(牛カツ屋でも散々お茶を飲んだ)と叫び出したお嬢。
12時半だったのに、早々にティータイム。
e0366202_21345892.jpg

ということで2人でパフェを喰らう。
昼時の摂取カロリーやば!

あとはいつも母がドール服の縫製を習っているお店に行ったり、らしんばんで色々見たり。

仕上げに丸善でまた色々買い込む。
母は基本BLコーナーにしか用事がないが、お嬢は夏休み用の問題集、女子バレーの選手名鑑、夏の課題図書など結構考えて選んできた。
バスケ部なのにバレーの選手名鑑とか…(ホンマはバレーの方が好きらしい)。

帰り道、ポツリと呟く。
「こういう感じでデートするんかなぁ」
それは相手が必要ですけどね!(笑)

by kamkim22 | 2019-07-08 22:16 | うちのお子さんたち | Comments(0)
先般の部活保護者会でテストに関して話題になる。
「そういえばこの部活(女子バスケ部)にこのあいだの中間テストで4教科学年トップの子がいるらしいけど、知ってる?」
おそらくうちのお嬢と思われるが、さすがに「うちの子かも!」とは言えず「さあ?」と笑ってごまかした。
4教科かどうかは知らんけど、本人曰く3つはトップらしい。
どうせ懇談でバレるからほおっておく。

今日は高校から『懇談のお知らせを配布した』という恐怖メールに『模試の結果を2つ返却した』という地雷が付属していた。
1つは既にネットで確認済みなのだが、もう1つは初見。
しかし記述模試だっただけにあまりよろしくない。
そりゃ高3になると浪人生も模試に参戦してくるからそれのみで一喜一憂するべきではない。
わかってるけど、その結果はキツイ。

たまたまその結果を見たお嬢、「うわ!」と驚く(そりゃそうだろう)。
「私の学力推移調査の結果なんてな…」
いや、それ見てない!
親に見せていないことすら忘れている。

まぁ、学校が学校なだけに校内平均も全国を大幅に上回る。
そしてそれをさらに上回るお嬢。
ベネッセのGTZがS1…。
Sなんてお兄の模試で見たことないよ。
向上心とか負けず嫌いとかの差なんだろうか。
お兄の方がポテンシャルは高いと思ってるんだけどな。

e0366202_21010911.jpg


by kamkim22 | 2019-07-02 21:06 | うちのお子さんたち | Comments(0)
お嬢が中学に入った途端小学校時代のお友達と、同じく小学校で一緒だった男の子が付き合い始めたという話を聞いた。
小学校の時から好き同士だったらしいし、女の子の方はとても可愛らしい子(男の子の方はよく知らん)。
早いんじゃね、とか付き合って何すんの?とか思うところはあるけれど、地元のお祭りでデートしていたり恐らくはそれなりに健全な交際のようだ(じゃなかったらビビる)。
お嬢によると
「LINEのアイコンまでお揃いなんやで。もーラブラブやーん💓💓💓」
シアワセだな。

お兄の時もこんなんだったかな、と思い返す。
あちこちで「誰と誰は両思いで」なんて話がある事はチラリと聞いたが、いかんせん本人の興味関心がまったく恋愛方面にない。
今では二次元に嫁がいる癖にリア充になる気は全くない(ように見える)。
中学生だって恋愛してんだからさ、と思うけど色々取り返しのつかない事をしでかす心配はない。
大学入ってからでも大丈夫。
まずは大学入れ。

お嬢の中学はそこそこの偏差値だし、そもそも女子が多いしそんな事があるのか?と思っていた、が。
「◯◯先輩は××先輩と付き合ってるらしいねーん💕」
どこで先輩の恋愛情報まで仕入れてくるのか、と思ったが直接聞いたりするらしい。
どんな後輩だ!!
まぁ、3年生とかならそんなんもありかな。

だがしかし!
クラス内でもちょっとした嵐が吹き荒れているらしい。
「AちゃんとBちゃんがCくんのこと好きみたいでさー」
嬉しそうに語る。
「ケッコンしたときに名前が良さげになるのはAちゃんなんやけど」
余計なお世話じゃ。

人の情報を仕入れてくる割に自分は好きな子がいるのかは明かさないし、そこに混ざる気もなさげ。
早々とそんな話をするよりは良かろうが、お兄みたいに「『五等分の花嫁』の三女が嫁」とか言う子にはなりませぬよう(笑)
e0366202_21101308.jpg

by kamkim22 | 2019-07-01 21:29 | うちのお子さんたち | Comments(0)

4冊目。

7月号を買ってきた。
e0366202_21380164.jpg

よく続いている基礎英語。
4月の中頃から聞き始めて、これまで一度もサボっていない。
友達でも断念した子が出始めたらしいから、この根性はなかなかだ。
母も4月号しか買ったことない(笑)

お兄さんは先日塾で夏期講習の案内をもらってきた。
個別なので必要なコマ数を追加するのだが、提案はなんと70コマ超。
うち通常授業の授業料から相殺される分を引いても単純計算で20万円以上になる。
かといってお兄は学校の合宿(勉強の)で一週間は不在になるし、学校の補習もある。
塾は塾でキチンと週休2日な上にお盆もキッチリ一週間程度休む。
塾が営業している日に全部行ったとしても提案どおりだと1日2コマ以上受講しないといけない。
合宿やらで行けないことを思うと1日3コマ受けなければならなくなる。

どうなん、それ?
駅に出てた某大手予備校の広告にも塾に行かないと絶対成績上がらない、みたいなのがデカデカ出てて凄く不愉快だったのだが、どうにも塾絶対みたいな思想には反発を覚える。
お嬢みたいに闘争心の塊のような子はどんな塾でも最大限活用してみせる。
対してお兄みたいなタイプをどれだけやる気にさせて導いてくれるのなら塾でも何でも値打ちがある。
中一から通っている塾は本人気に入って行っているし、本人の性格もよく把握してくれている。
しかしどうにも生温い。
「●●の時期にもう一回お母さんと面談したい」
と言われてなかなか呼ばれたこともない。
塾選び間違えたかなーと思うが、お兄は意外と難しいタイプ。
こういうのをやる気にさせる猛者はなかなかないのかもしれない。

つくづくお嬢は凄かったのだと思う。
今も凄いけど。

by kamkim22 | 2019-06-23 21:58 | うちのお子さんたち | Comments(0)
今夜も虎はまけほー。
やだね。
兄さんもまけほーにならんように、と思うがやっぱり「一回の裏だけ見せて!」と野球を見る。
多分お嬢の方が今でもよく勉強してると思う。

夜はお兄が塾に行き、いつものように長々と夕食をとっていたお嬢。
食後、言い出す。
「さっきのおかずのホワイトブロッコリーがさぁ」
そんな野菜ありましたかいな。
「それはカリフラワー!」
よもやである。
お嬢がカリフラワーを知らんとか。
キャベツとレタスとか、小松菜とほうれん草とか、たまな見分けがついてない人もいるが、カリフラワーは覚えといて。
こういうのも買い物とかで一般常識として身につけさせるべきことなのだな、と母は反省した。

お兄…まさかお兄も知らんなんてことは…ないよな?(不安)
早速塾から帰った兄さんを捕まえて聞いてみる。
あのー、さっきのおかずに入っていた白い野菜が何だったのか知ってる?
「え?カブ?」
既に見た目すら全く被ってない、カブだけに。
というか、アレをカブだと思って食べてたのか?!
一応小房にはわけたがそれなりに形はあったぞ!
和える前のものを見せたらそれが何かは知っていた。
が、カブだと思って食べる分にはどう矯正していいのかはわからない。
いちいちメニューを説明してから食べさせないといかんのか?(笑)

e0366202_22204525.jpg

今日の弁当だってひとつひとつコレが何かを認識して食べてるのだろうか?
「母さん、今日のなんか白いやつ、美味しかった!」とかそういやたまに言われるけど…。

by kamkim22 | 2019-06-18 22:22 | うちのお子さんたち | Comments(0)
本日は朝から『中間テスト好成績特別企画・フリータイムカラオケ』の巻。
いつも行く所はいっぱいで予約も取れなかったので駅から少し離れたところに行く。
開店の10時に飛び込み、フリータイムで入室。

お嬢さま曰く「4時間でも何時間でも大丈夫!」なくらいレパートリーはあるらしい。
ホンマか?!
しかしGWに友達と2人でフリータイム4時間(中学生2人なので6時までしか入れなかった)歌ってきたこともある。
そんなに歌ってるのは聞いたことがないんだけど…??

お嬢さまといえば『ジャ●アンリサイタル』とも言われる驚異の歌唱力😱
卒業式後のカラオケを録画したものを見てお兄が爆笑した。
英語の歌のテストでは「まぁ、音楽のテストじゃないから」という失礼極まりないコメントを先生からいただいた。
これを数時間聞くのか…😱😱😱

「混雑してきたら3時間までは保証するがそれ以降は退室」と言われたが、混雑してくる様子が一向にないカラオケボックス。
どんなに熱唱していても同じフロアの数室しか埋まっていないから大丈夫(何が)。
なんやかんやとお嬢は『イナズマイレブン』『NARUTO』『BORUTO』からの選曲。
母はSolidS、sideM、ツキウタときてマニアックに少年ハリウッドとかもいく。
意外と1時間、2時間あっという間だ。

お嬢の弱点はちゃんとメロディを把握していないことにあるらしい。
知っている、と言いながら歌ったある曲は…
e0366202_22222776.jpg

私は自分のも含めて50点なんて初めて見た。
お嬢の歌に対する機械の判定が優しいというか何というか。
『あなたは作曲家です』
『味のある歌い方です』
『【あなた流】が最高潮です』
褒めてるのかけなしてるのかよくわからないコメント(笑)
しかし意外とお兄の影響で好きな放課後ティータイムの曲は上手に歌えていた。
つまりは選ぶ曲なんだと思う(母はsideMが一番歌いやすい)。

で、混雑したから、と追い出されるまでおよそ5時間熱唱。
お嬢も満足して次に向かえることだろう。

by kamkim22 | 2019-06-16 22:31 | うちのお子さんたち | Comments(0)

迷える高3と迷わぬ中1

e0366202_21365172.jpg

キリ悪いけど、残りは31週間となった。

お兄さんは相変わらず。
苦手の化学を某サイトの動画授業で克服しようとしているのだが、演習量が見るからに少ない。
どうするんだよ、動画ばっかり見ててもさ。
しかもセンター対策で化学をなんとかしたい思いはわかるのだが、センターも二次も必須の物理どうする気なのか物凄く不明。
自己流と睡眠時間は頑なに守る。
なんかもう、どうしたもんかこっちもわからない。

お嬢さんは中間テストが好成績に終わり、それでも特にペースが乱れる事もない。
やる事をキッチリやって次に備えるだけだ。
明日も午前に部活があった後、学校で自習会があるらしい。
任意のものでもキッチリ参加するのがお嬢さん。
当然のように参加だ。
将来の目標は決まっていない。
文系理系どっちかも、まだ全然わからない。
方向性は定まっていない、全く。

そう考えると『◯◯学部で××をやりたい』と明確に決まっている筈のお兄さんの方が余程モチベーションが上がりそうに思えるのだけどな。
彼のやりたい事が時々テレビで紹介されていると食い入るように見ている。
それが気持ちを高揚させるきっかけになれば、と興味のありそうな番組を幾つも録画している。
見ている時は本当に興味があってやりたい、という気持ちがあるんだなと思うが見終わった途端に頭から抜けていくらしい。
いや、もうそうなるとこっちもお手上げで。
老後の二千万円は学費に食いつぶされて貯まりっこないわ。

by kamkim22 | 2019-06-14 21:50 | うちのお子さんたち | Comments(0)

母がヲタっている間に。

なんやかんや言ってる間に兄さんの中間テスト終了から3週間が経過しようとしている。
担任が『二者面談を行なっている』と一斉連絡してきたのはテスト直後。
それからまだ二者面談の順番が来ないのか、忘れられているのか、見捨てられたのか。
私学で高い学費を払って見込みのある生徒が重視されるのは学校側からしたら致し方のない事なのかもしれないが、同じ学費出させるならちゃんとアホのケアもしろよと思う。
だが本人は自習も早めに帰ってきてしまうし、学校として扱いづらいのかもしれない。

お嬢は最後に残った国語が本日返される予定だった。
しかし、結局採点ミスにより回収となったそうだ。
本人曰く「ホントは80以上あるのに60点台になっていた」
そんなことあるのか?!と思ったが、得点の合計が誤っていたという。
いや、20点も間違う?!
そんな足し算出来ん先生ヤバくねぇか?

平均は全てクリアしたとの証言だったので、かねてから欲しがっていたNARUTOのLINEスタンプをプレゼント。
努力の賜物ですな。
カラオケとアニメイトはいつ行けるのか、さっぱりわからない。
e0366202_22113020.jpg

お兄さんにも必死になってほしいよね。
やればできるは魔法の合言葉だしね。
懇談の時期にまた憂鬱に。

by kamkim22 | 2019-06-13 22:11 | うちのお子さんたち | Comments(0)