人気ブログランキング |

無謀な国公立大志望の受験生(兄)と公立中高一貫新入生(妹)と腐れヲタの母。今日ものほほんと生きてます。

by ota_haha

<   2018年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

先週の24、25日でお嬢は修学旅行。
クラス替え&転勤してきたばかりの担任、加えて転校生もいる。
そんな中でいきなり4月に行くの?もっといい時期なかったんかい?と思うが宿の問題とか色々大人の事情があるんかな?
まぁ、たった二クラス、学年50人だしみんな仲良しのようだ。
バスも一台だったし。

雨には見舞われたものの楽しんでいらっしゃった模様で結構なことで。
そして同じ塾の子たちは軒並み帰宅後すぐに塾に向かったようだ。
中には校門を出ると、迎えにきた保護者とカバンを交換して塾に直行する子も。
若い!
疲れ知らずか?!
どんだけ勉強したいねん!!

解散式で
「帰ったらおうちの人に沢山お話ししましょう」
「今日はしっかり休みましょう」
って先生も言ってたのに、全然やんアンタたち。

宿泊行事は帰ってきた後が悩ましい。
山盛りの洗濯物、なかなか片付けてくれないカバンや小物類。
今回はそれにお土産が加わる。

お土産を放置したまま塾に行ってしまったお嬢。
誰にどれを渡すのかすら伝えられていない。
しかし修学旅行が終わった途端、またガンガン塾に行きだしたお嬢はなかなか捕まらない。
お小遣いをくれたおばあちゃん達に渡すのか?ご自宅用か?

「え?誰にとか何も決めんと買ってきた。」

本人に確認するとそんなことを言い出す。
旅行に行ってお土産買ったことあるでしょう?
誰と誰に渡そうって考えて買わへんか?

「だって〇〇ちゃんに選んでもらったもん!」

…そうなの?

お土産って選んでる時が楽しいやん?
それ、人任せにするか?

そういや前に塾の合宿に行った時も帰りにお土産買えるようにSAに寄ってくれたのに、お小遣いを1円も使わずに帰ってきた。
あんまりそういうのに拘りとか持ってないのかもしれない。
母なんて旅行行ったらアレコレ買いたいけどなー。

なんとかカバンや小物類は片付けたものの、彼女の買ったお土産はいまだどれを開封してよいものかわからない。
賞味期限切れたら知らんで。


by kamkim22 | 2018-04-30 12:10 | うちのお子さんたち | Comments(0)
ゴールデンウィークを前にしたある日、職場であまりにも怒りまくった母は夕食を作りながらいつもは週末にしか飲まないトリスを水割り(ダブル)で飲んでいた。
イライラはおさまらない。
あー歌いたい。
思わずお兄にメールする。
「日曜ヒマ?デートしない?」
確かGW最初の三連休、土曜・月曜は学校だったはず。

空気を読んだ兄さん、快諾だ。
ちゃんとドコ行くかわかってんだもんな。
アルコールの勢いはすげーな、その場で即予約だ。

e0366202_11032686.jpg
とりあえず母は男性アイドルアニメの曲を、お兄はいきなりまどか☆マギカからきてボカロだの涼宮ハルヒだの、ステレオタイプ過ぎるだろ(笑)

しかし文化祭のカラオケ大会に出たくてどの曲歌うか考え中の兄さん、意外とClariSとか女性アーティストの曲もハマる。
そして二次元男性アイドルグループの曲しか歌わない母。
side Mの曲を何の違和感もなく、しかも時々一緒に歌ってくれるのはお兄だけやで。
もはやこの体たらくでは他所様とカラオケなんか行けまへん。

B-PROJECTにアイドルマスター SideM、スタミュにツキウタときてうたプリにいこうとしたところで時間切れ。
このうえアイナナに手を出そうとしてるんだけどな。
そのうち2人で2時間で足りなくなるな!

それにしても祝日の日曜、朝10時から母とカラオケに行ってくれる男子高校生もなかなかおるまい。
うまいこと育てたなー私(自画自賛)
カラオケがあんま好きでないお嬢は前に連れてったら散々悩んで『六甲おろし』だったからな(笑)

by kamkim22 | 2018-04-29 17:35 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)

そんな金曜の夜。

今週は仕事でも家庭でも疲れる事が多くて、昨夜はすっかりひとり宴会に突入していた。
ちょうどいい感じにアルコールが回った頃、オットからメール。
「ちょっとだけ飲んで帰っていい?」
ダメだと言って帰ってきた試しがないだろう、聞くなよ。
「ちょっとな!」
と返事をしておく。

しかしよく考えたら金曜日。
お嬢さま10時まで塾+お迎え必須の金曜夜。
酔っ払った母に迎えに行けと?
すぐにお兄からオットにメールを入れてもらう(私が入れるより効果的だと踏んだ)。
10時に間に合わせる気は当初なかったらしい。
だがそこは母のシモベのお兄さん、
「母さん酔っ払ってる」
とメールを入れてくれたようだ。
ふふ、ハイコーク二杯程度でお迎えに行けないくらい酔うもんかい!
面倒なだけだよ!(悪)

さすがだった。

父はムスメのために10時に間に合うように飲むのを切り上げてきた。
まぁ相手してもらえるのも今のうちだしね!(悪)

オットが迎えに行くと必ずコンビニに寄り道する。
お嬢の財布と化しているオットはスィーツだなんだと買わされる(本人の酒やツマミも買うが)のだが…

e0366202_10514634.jpg
コレが3つ。
奴らが帰るとダイニングテーブルに置かれていた。

「母さんこういうの食べないから3つしか買ってないよ」

まぁカップ麺自体を食べる習慣がない私は特に欲しいとは思わんけど。
どうぞみなさん頑張って。

なにかオットはちょっと酔った状態でコンビニにでも寄った日には謎の買い物をしてくる事と多くて、ある冬は大量のおでんを買ってきたこともあった。
買ってくれるならアイナナキャンペーンの缶バッジ付きで欲しかったなぁとか、カロリー高いスィーツよりちょこちょこ食べられるお菓子の方がいいなぁとか思う。
リクエスト聞いてくれよ。






by kamkim22 | 2018-04-28 11:16 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)
ゴールデンウィークとはいえ、学生のいる家庭では間に休みも入れても仕方ないので三連休、2日挟んで四連休パターンだ。
連休中も兄さんは学校行くからね。
受験生もいるしね。
今年も大したお出かけの計画はできないなぁ。

ホントは家庭訪問に向けて掃除をしなければならないところだが、三連休初日、最初の母の行動は『業務スーパーで酒を買う』(笑)
e0366202_10352079.jpg
いや、安かったんだよ💦
トリスはまだ未開封のがあるけどすげー安かったし、普段は高価で飲めない神の河も安かったんだってば。
昨日職場でチラシをチェックしてて思わずテンション上がるくらい。
そんなに酒飲みな訳ではないんだけどねぇ。

いや、もう掃除しよ。


by kamkim22 | 2018-04-28 10:44 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)
お嬢は自ら引き起こした事件をなんら気にすることもなく修学旅行へ。

焦るのは親の方だ。

修学旅行から帰っても奴には鍵がない。
しかも2日間雨の予報。
誰かが出迎えなければ体験で掘ってきた大量の玉ねぎと荷物の山を抱えて雨の中門扉の前で立ち尽くすことになる。
仕方なく帰宅に合わせて私が時間休を取った。

そして最大の懸念はとにかく『鍵が見つからない』ということ。
本人は金曜夕方に塾に行く時に使用して以降は自分で鍵の開け閉めをしていないので、いつから見当たらないのか見当もついていない。
更に、『鍵がない』事に対する危機感が本人に欠如しているので、こちらが事情を確認しようと思ってもロクな答えが得られないのだ。

可能性としては自宅が一番高いであろうと思った。
オットが帰宅してからお嬢が不在の部屋に強制捜査に入る。
我が家で一番片付けをしている…筈だったお嬢の部屋。
だったがあちらこちらにゴミや埃が滞留している。
塾のカバン、ランドセル、洋服の収納の中、布団の下まで捜索するが見つからない。
家族の洗濯物に紛れて、なんて可能性も考えお兄の自室まで探す。

普段お嬢は塾に行く時、服のポケットに鍵を入れている。
カバンからいちいち出すのが面倒くさいからなのだが、最近でもまだ夜は冷えるのでパーカーを羽織っていく。
つまり…。
金曜の入室確認のメールに添付されていた入室時の画像を確認すると、グレーのパーカーを着ていた。
パーカーはリビングに放置されたままだったがポケットに鍵は残っていない。

お嬢が月曜にテキスト類を一切持たずに行った事情を塾も知っているのだから、直近に教室内で鍵の落し物があれば声くらいかけてくれるだろうよ。
往復の路上で落としたのか?
夜10時、塾までの路上を一度確認してみるというオット。
だが、さすがに見つからなかった。
3日も経ってるからね。

やはり家のどこかにあるのか?
それとも路上で拾われたか?
『路上』であるなら例え警察に届けられていたとしても取替えが必要だと言うオット。
でもGW入るし業者も休むよね。
取替えるとしたらいつになるんよ。
家族総出の大捜索が不発に終わり、疲労困憊でその日を終えた。

翌日夕方、鍵のないお嬢のために1時間早退した。
念の為まさかと思いつつも塾に寄り、鍵の落し物がないか聞いてみる。
若い男性職員が出してきたのは見覚えのある鍵。
あるんなら言えよ!
と思いつつ(どこの教室でいつ落ちてたかによって大体対象は絞られるやん)、ありがたくいただいて帰る。
帰ったら実家から母が来ていた。
鍵を失くした、と聞いて明日からの生活に即困るだろうと思って合鍵を渡そうとしてくれていた。
申し訳ないことだが母の厚意は徒労に終わった。
あぁ娘よ、自分がいない間に大人達がこれだけ振り回されていることにはまるで気付いていないのか。
楽しんでらっしゃるのは結構ですが。

予定より少し早めにバスが到着し、呑気なお嬢さまが帰還した。
修学旅行から帰ってきた娘に母が最初にかけた言葉は
「とりあえずお父さん達に土下座ね!」
キョトンとするお嬢。
鍵を失くすということ、それに伴う危険、事の重大さも何も彼女は理解していなかった。
そして沢山の大人たちが自分のいい加減さによって大変な目に遭わされていたことも。

小学6年なんてまだこんなものなのか、お嬢自身がおバカさんなのか、世間の平均値がよくわからんけど、もしまた鍵を紛失し取替えるなんてことになったら費用捻出の為に塾辞めさすぞ。
住所氏名書いておくわけにもいかないし、目立つキーホルダー付けたら学校に持って行けないし、物の管理がいい加減な子にとって悩ましい問題だ…。


by kamkim22 | 2018-04-26 22:09 | うちのお子さんたち | Comments(0)
日程がハードだった。
先週初めに説明会があったと思ったら翌日から健康観察カードの記入をするように言われ、その週のうちに保険証のコピーやら書類を提出するように締め切りが設定されていた。
担任すら決定していない前年度の段階でも先に説明会だけしておくことは不可能だったのか?
何か買い足すものがあっても土日を一度挟んだだけだぞ。
働く親にとっては非常にハード。
しかも準備しようにも本人は殆ど塾で不在だし。
直前にチェーンロック事件は起こすしさ。

費用の削減という意味もあるのだろう、当日の昼食は『捨てられる容器に入れて』弁当持参。
そして学年の人数が少ないがために貸し切りバスも一台にギュウギュウ詰めだ。
お嬢は補助席の一番前。
クルマ酔いしたら救助してもらいやすい席だが、後ろで何かあれば寝てても絶対叩き起こされる席だ。
ついでに事故の時一番アブナイ席なんじゃないか?

彼女たちの学年行事は必ずと言っていいほど雨に見舞われる。
4年でみさきの家(という京都市の施設)、5年で山の家(左京区の山中)に行くのが京都市の小学生の必須行事なのだが、
『我々はキャンプファイヤーをやったことがない』というのがこの学年。
雨が降るため室内でのキャンドルファイヤーしか経験がない。
お嬢など保育園のお泊まり保育の時もバスに乗っている時以外はドシャ降りだったし。
余程日頃の行いがヨロシイのでしょうな。
今回も二日間ピンポイントで雨の予報だ(笑)
e0366202_12512927.jpg
『捨てられる容器』の本日の弁当。
昨日の事件の解決が長引いてたらとてもじゃないけど作れなかったよ。
今回は栄養のなんのよりそこらへんで売ってる弁当感を出してみた!
コンビニ以外のおにぎり嫌がるんだもんなぁ。

この時ばかりは学校のHPの更新頻度もハンパない。
無事に最初の目的地にたどり着いた模様だが、やはり雨の為弁当はバスの車内で食べたとか。
時々お嬢の姿が映っているが、
「雨が降るから薄手のパーカーを羽織って行くように」
と言った事はすっかり忘れられているようだ。
あれだけ言ったのにまさかの半袖かよ…。
風邪ひいたら知らんぞ。

by kamkim22 | 2018-04-24 13:01 | うちのお子さんたち | Comments(0)
修学旅行の朝を迎えた。

いつもは私が出勤するまで起きてこないことが日常茶飯事だが、流石に宿泊行事前に親に顔を見せずに出ていくなど論外だと思うし、色々連絡事項もあるので6時には起きてくるように言い聞かせていた。
…が、なかなか起きてこない。
昨日のこともあって『鍵』が見つかったのかも心配だが、クルマ酔いするお嬢に早めに朝食を取らせておきたいという気持ちもあったのに。

半分寝ぼけたお嬢に『鍵』の所在を聞くと勉強時間を聞かれたお兄の如く歯切れが悪い。
やはり見つかっていない。
最後に使ったのは金曜の夕方、塾に行く時。
その時に何処にしまったのかを全く覚えていないという。
ならばその時に着ていた服のポケットか塾のカバンしかあるまい。
探す気も思い出す気も一切無さげなお嬢に朝から半ばキレ気味になった。

しかし出発直前まで探させて大事なものをまた忘れたとなっては更に取り返しがつかない。
幸いお兄がたまたま遅めの登校でいい日だったので施錠は頼める。
帰ったらすぐ探す(いない間も家宅捜索するけど)ということでひとまず本人は出発した。
見つからなかったら鍵取替えかなぁ…(泣)

by kamkim22 | 2018-04-24 07:50 | うちのお子さんたち | Comments(0)
帰りの電車の中、スマホを開くと珍しく着信履歴が。
しかも夕方、終業時間前にオットから。
仕事中ケータイ出ねぇって前から言ってるだろうが!
いや、わかっててかけてくるからには相当な緊急事態?
危篤状態の親戚のあの人がアレでアレな状態になったとか???

程なくしてオットよりメールが来る。
どうもチェーンロックがかかっていてお嬢が中に入れないらしい。

チェーンロック?

今日家を出たのはお嬢が最後のハズ。
どうも状況が飲み込めない。

急いで帰宅すると玄関の前でオットに遭遇する。
家に入れないお嬢は交番に駆け込み、そこからオットのケータイに連絡が入ったらしい。

判明した状況はこう。

①お嬢登校時間になっても鍵が見当たらず、玄関脇の掃き出し窓の雨戸を開け外に出る。
②外から雨戸を閉め学校に行く。
③下校したものの鍵がないため交番に駆け込み、オットに連絡が入る。
④オットの指示で近所の保育園に勤める義姉に合鍵を借り、開ける。
⑤鍵は開いたもののロックがかかって入れない事が判明し、再度交番に駆け込み、再度オットにも連絡が入る。

終業時間間際だったオットは私やお兄に連絡を取ろうとするが誰も電話に出ず、ロックを切って開けなければならないと定時退社してきた。
流石に私だけではそんな状況どうにもならんわ。

よもやお兄が早々と帰ってきていたのか?
『男子高校生、成績を苦に…』みたいなニュースが頭をよぎる。
いや、ロックの隙間から覗いても帰ってる雰囲気もないし、大体脳内お花畑のお兄に限ってそんなことあるわけないか。

玄関扉の隙間から手を差し入れてみるが、当然ロックは外れない。
中に入れなかったお嬢はそのまま塾へ行ったらしい。
工具の入った物置きの扉すら開けられない。
お嬢も弁当持たずに塾に行っている。

オットは工具を買いにホームセンターに、私はコンビニでおにぎりを買って塾に持って行くことにする。

塾でも事情は把握していたようだ。
半ベソをかいてやって来たお嬢にテキスト類を貸し出し、私の到着がもう少し遅ければおにぎりでも買って与えようとしていたらしい。
あまりに各所に迷惑をかけ過ぎて申し訳なくてたまらない。

明日からお嬢は修学旅行。
弁当の用意、持ち物の確認。
やる事は山ほどある。
しかしいつになったら家に入れるのだろう。
塾の受付におにぎりを預け、家に向かっているとオットからメール。

「開いた」

え?
工具もなしで?
詳しくは書けないが、玄関扉の仕組みから無傷で開ける事が出来たらしい。
多分オット以外では思いつかなかっただろう。
私1人だったら無理矢理破壊してたな(笑)

しかし内側からしかかけられないチェーンロックがかかっていた事に疑問が残る。
何処かから侵入されていた形跡もなければ当然お兄も帰っていない。
ダイニングテーブルの上には、おそらく登校直前までやっていたであろう塾のテキストとプリント。

なるほどな。

塾の勉強を登校時間ギリギリまでしていた。
行こうとすると鍵がない。
母に教えられた通り内側から施錠し、雨戸を開けて外に出て、そして雨戸を閉めた。
しかし内側から施錠する段階でチェーンロックまでかけて出た、ということだ。

完全な自爆だ。

自分でこの事態を巻き起こしたとはつゆ知らず、交番に行き、義姉の勤め先に行って再度交番に行ったのだ。
お巡りさんだって事件性あるならともかく、単に子供が家に入れないからって親も不在の状況でチェーンロック切ってくれたりはしないよ。

修学旅行前日で早めに塾から帰宅したお嬢に聞いてみる。

「だって、外から開かないと思ってなかったから!」

あっさり自らチェーンロックをかけた事を認めた。
…って教えなくても日常生活の中で『外からは開けられない』って事に気付かないか?!

憐れなのはオットだ。
『ムスメさんの事で』と警察から電話がかかってくるだけでもビックリするのに、なんとか無理矢理定時退社して慌てて帰ってきてみれば『100%ムスメに非があった』ということで交番へお詫びへ。
どうしていきなり交番に行ったのかも意味不明だが(鍵落としたとかならともかく)、勉強だけじゃなくていざという時の対処方を教えておかなければいかんのかね。
勉強出来るけどアホの子、って最近思えてきた…。


by kamkim22 | 2018-04-23 22:06 | うちのお子さんたち | Comments(0)
この歳でめでたくもなんともないが、誕生日だ。
とりあえず父の亡くなった年齢は越えた。
普段私の誕生日などガン無視のオットも、その日が日曜とあれば無視しきれず予告通りの誕プレを持ってきた。
e0366202_21515646.jpg
嫁の誕生日にデスソース(しかも4本セット)って…。
オリジナルはあまり辛くなかった。
そして18禁カレー…。
いやなんかもう、ツッコミどころが多過ぎて…。

ムスコはムスコで
e0366202_21552863.jpg
こないだ小遣いやったし、昨日出掛けるのにお金やってお釣り返してくれてないやろっ!
それでコレかいっ!

しかししっかり母のツボをついた選択。
さすが我がムスコ!(笑)
欲を言えばアイナナは十を選んで来て欲しかったな!(まだ観れてへんけど)



by kamkim22 | 2018-04-22 21:58 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)
先週木曜までは給食も始まっていなかったので新学期と言ってもまだ半分春休みみたい、昼ごはんの用意は必要だしお嬢は塾が開館する2時過ぎにはせっせと通って行く。

しかし、ふとある事に気付く。

くもん!
月木のところを塾があるから木曜日のみで通って…いるはずだ…った。

春休みの前半は午後3時から春期講習だったから確かに行けなかったよ(しかも朝から塾行っとったし)

春期講習終わってから…あれ?
行ってたか?

ふとくもんの入退室連絡メールを確認すると3月15日を最後に履歴がない。
およそ1か月、行ってもいないくもんに月謝を払っていたのか?

そもそも塾が大変だから3教科やっていたくもんを英語だけにしたのだ。
そもそも母は過去に無理矢理辞めさせられた経験があったから、本人にやる気がある限りは続けさせてやりたいと思っていたのだ。

あーそれなのにそれなのに。

母の怒りメーター振り切れる。

ここで
「やる気がないならくもんなど辞めてしまえ」
と言うのが普通の親。
母は違げーぞ。

「くもんに行けないなら塾辞めさすど!」
自分から1教科に絞って受験勉強とともに続ける事を選んだのだ。
しかも受験はしなくても行くとこはあるが、英語はこの先どうあっても必要。
あのアホ兄さんでも大して勉強してもいないのに中学でそこそこ余裕があったのはくもんをやっていたからだ(国語は効果今ひとつだったが)。
東大生の教育方を紹介してた番組でもくもんをやってた子は多い。
そう!母はくもん信奉者。
母は中学でもくもんしかやってなかったからね。

長時間塾で勉強していて怒られる不条理(笑)
お嬢の目が潤む。
家で勉強出来ないから塾に行っているのだという。
確かにお兄おると煩いけどね。
母の労働時間以上に塾に行っている時もちゃんとずっとやっているんだと。
まぁそこは疑ってはいないが。

だけどね!
時間かけるだけが能じゃないでしょ?
ましてや塾が大変になる、という時に「教科を絞って続ける」か「全教科辞める」かを自分で考えて結論を出したわけだ。
自分で決めた事が貫けなくて受験が出来ると思うてか?

意志が強いように見えて時々挫けて「辞めたい」と言い出すお嬢さん。
一時期くもんの算数だって「難しいからもうイヤ」と言っていたのだ。
今は受験終わったら再開したいなどと言う。
なんやかんや言っても兄ちゃんは物理的に色んな習い事を続けられなかっただけで、厳しいから辞めるなんて言わなかったし学校の勉強もキツイけどコースを変更するなんて言わなかった。

地域の公立中学に行くよりよっぽど厳しい道を自分で選んで進もうとしてるんだから、それなりの覚悟がないとその後「厳しいからやっぱり辞める」なんて言い出しかねない。
今はそれで良くても将来的にそんな考え方では信用してもらえない。
母とてそんな部下に仕事任せねーよ。
キツイならキツイでどうやって効率的にこなすか考えるのも彼女にとっては良い勉強。
まだこれから必死で頑張らなきゃいけない事は何回だってあるんだから、簡単に楽な道を選ぶようなことはして欲しくない。

長い時間勉強したって一番になれてる訳ではないお嬢と、圧倒的に勉強時間は足りてないくせにコースの良い方のクラスに入った(けどその中ではほぼビリ)お兄。
どうしてこう2人極端なのかね(笑)




by kamkim22 | 2018-04-19 11:45 | うちのお子さんたち | Comments(0)