人気ブログランキング |

無謀な国公立大志望の受験生(兄)と公立中高一貫新入生(妹)と腐れヲタの母。今日ものほほんと生きてます。

by ota_haha

タグ:小学生 ( 200 ) タグの人気記事

卒業式後のカラオケやボウリングに着ていった服がなかなか洗濯に出てこないので、朝から強制捜査に入る。
部屋の隅からは卒業式で貰った花が…。
e0366202_09062553.jpg

あぁぁぁぁぁぁぁ。
せっかくの花も放置プレイでくったりしていた。
貰う価値なし!
可愛がっていた5年生からお手製の紙の花束を貰って感激していたが、生花も大切にしろよ!

卒業式後のアレコレで疲労困憊だったのは母だけだったのかと思っていたが、翌日は10時まで起きてこなかった。
お兄が祝日でも土曜でもいつもの時間に起きて登校してるのに、こんな堕落した起床時間を告白したら殴られるぞ。

お嬢の卒業式と同日に終業式を迎えた兄さんはその後も補習だの何だので結局毎日学校に行く。
ゆえに平日の朝からお嬢はひとりきり。
学校がある日は様子を見てくれるが、休みとなるとほったらかし。
春休み初日となった昨日は
「起きたの?8時やった!」
と朗らかだった。

彼女の場合1人で放っておかれたから自由奔放にしているでもなく(起きる時間はかなり自由奔放だが)、ちゃんとくもんもこなしている。
先週買った問題集もやってるみたいだし、来週は中学の登校日で宿題も出される。
休み明けにはテストもされる事だってわかりきっている。
こちらが進捗を確認しなくてもキチンとやり遂げる事はわかっているんだけど、ゆっくり出来る今の生活を堪能しすぎて4月からちゃんと起きられるのか?と心配になる。
今のところは中学での生活にワクワクしているから最初は張り切って行ってくれるんだろうけどね。

ちなみにお兄がこのくらいの年齢の時に1人で置いといたら勝手にゲーム探し出してやってたり、仮面ライダーのDVDを1日見まくってたり、とにかくろくな事がなかった。
勿論勉強などほぼしてない。
今でも1日ひとりで留守番をした時の信用度はお嬢の方が限りなく高い。
お嬢だってかなりユルっとしているが、勉強に関してはちゃんと計画的に進める事ができる。
5年後にお兄みたいな哀れな事態に……はきっとならないのだろうな。

by kamkim22 | 2019-03-23 23:13 | うちのお子さんたち | Comments(0)
女子7人のカラオケに付き添ったあと、すんなりお開きだと思った…ら、何故かプリクラを撮る、ということになっていた。
施設内のゲームコーナーに移動する。
7人でプリクラの機械におさまり撮影をしたら終わりじゃあない最近のプリクラ。
やれ落書きだの何だの、色々加工をするらしいのだ。
そんなややこしいことになってるのね。
それでも子供たちの半数は疲れて飽きてきてるので「盛るのとかいいから帰ろよー」と言い出す。
母親たちも賛同するが、盛りたい組は手を抜かない。
結局色々手を加えたものがプリントされて、それを7人で切り分けてやっと終了したが、そこまでに相当な時間を要した。
しかもそこまで必死で手を加えるほどの代物でもなかった。
だってめちゃくちゃ小さいのだ。
切手よりも小さいサイズのプリクラの中に無理やり7人おさまってる。
せっかく必死で加工したのにまるで意味がないサイズだった。
特に老眼の母には全然見えないし。

ボウリングを2ゲーム、カラオケを2時間、プリクラ機でワーワー騒いでもまだまだ10代は元気だ。
駅の階段も軽やかに駆け上がる。
本当にようやく解散した時には母は耐えかねるほどの疲労と空腹に見舞われていた。
普段なら8時過ぎてから食事などしない。
しかしあまりにも空腹では眠ることもできない。
コンビニで小さいサイズの蕎麦を買い、帰り着いたのが10時少し前だった。
ちょうどオットも飲み会になった模様。
家ではお兄さんが夕方から1人、事前に用意していた夕食を1人で食べ塾へ行ってきてもまだ誰も帰らない、という悲しい事になっていた。
そらお嬢に1日お付き合いすると決めて臨んだ日ではあったが、まさかこんなに遅くなるとは想像もしていなかった。
フラフラの母をお兄さんが慰めてくれる。

食べた後は片付けをする気力もなく、布団になだれ込む。
足が異常にだるい。
いつもは5時間も寝れば勝手に目が覚めてしまうが、6時間以上は爆睡していたようだ。
翌朝はお兄さんの弁当が必要だったが起きられない。
布団の中から千円渡す。
起きてしばらくすると頭痛に見舞われまた横になる。
昼頃には頭痛はマシになるが、体中のだるさは全く解消しない。
最終的にほぼ1日ダウンした状態で過ごすこととなった。
卒業ってこんなにハードな行事だったか? 

それにしても子供より付き添った人数の方が少ない…それってさ。
小学生がこんな時間まで出ていても「◯◯ちゃんのお母さんがついてくれてるから」って平気なんだろうか。
その心境が私には到底理解出来ない。
たまーにお嬢がお友達のとこの車で送ってもらったり、どこか連れて行ってもらっただけでも申し訳なさでいっぱいになる。
今回に関してはホンマに疲労困憊になるまでこっちはつきあってたからさ。

別れ際、1人が「ついてきてくださってありがとうございました」と3人の母それぞれに挨拶してくれた。
ただそれだけでも少し報われた気になる。
家庭の躾って大事だ。
ほんで楽しそうな姿を見られた、という事で疲れたけど(まだしんどいが)チャラにしてあげよぉ。
e0366202_22565875.jpg

by kamkim22 | 2019-03-22 22:57 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)
卒業式の一連イベント最終章はカラオケ。
女子7人に母3人。
付き添いなので母は歌わない。

座っていられるだけマシ、だと思った。
1人ワンオーダー、と言われたので子供たちに任せると人数分の揚げ物がやってきた。
殆ど母たちの口には入らない。

お嬢はあんまりカラオケが得意ではないのでヒット曲もあまり知らない。
母も二次元メインで生きてるので何が流行ってるのかなんて知らない。
故に一般小学生女子がどのような選曲をするのかは興味深かったが…。
TWICE、乃木坂、欅坂、アイドル系の人気が高いらしい。
可愛らしく歌い踊る。
うーん、女の子だなぁ。
最近の子、らしくボカロだか何だかの選曲も多いが全くわからない。
あいみょんも名前を聞いたことはあるが曲は知らん。
「死ねぇぇぇぇ!」と絶唱された時は思わず他のお母さんと頭を抱えた。
全然わかんない、だよねぇ、歌詞怖すぎるんだけど、小学生歌う曲じゃないよねーって。

ボカロはお兄さんもよく歌ってるけど、二人で行くと基本アニソン中心。
母の好きな歌を覚えてちゃんと違うパートで一緒に歌ってくれる。
好みが似通ってるのもあるんだが、やっぱりお兄と行くのが一番安らぐよ。
e0366202_09025054.jpg

しかし今回もっとも衝撃的だったのはお嬢の音程。
採点機能を使用していたので見た目にハッキリする。
一画面分が全部外れるという、それってキセキ?
お嬢さまは基本アイドルとか興味ないので知ってるのはNARUTO、BORUTO、イナズマイレブンの曲ばっかり。
兄さんは文化祭のカラオケ大会にでも出たがるのに、お嬢は実力を把握していて「お母さん来るの?うちの歌、聞かんといて」だ。
ついていく以上仕方ない。

カラオケに入室したのは6時半。
「7人だし1時間じゃ短いけど、小学生なんだし2時間がいいとこだよね〜」と他のお母さん方と話し合って入った。
さすがに8時半過ぎたら帰らなきゃいけないよね、って。
7人のJSはあれやこれや言いながらどんどん予約を入れていく。
瞬く間に予約出来る上限の20曲(だとは知らなかった)まで曲を入れまくり、これ以上予約出来ないというメッセージがしょっちゅう出る。
2時間だからあと何曲とか、そんなことは一切考えないらしい。
もうそろそろ2時間、というところでもあと10曲以上予約が残っていた。
時間が遅いしということで断念させ、卒業式で歌った『旅立ちの日に』を合唱してキレイに終了。

2時間がもっと数時間のように感じられた女子小学生カラオケ。
座って待っていただけにもかかわらず親の方は疲労困憊だった。
趣味が合う人と行くかひとりで行くかが一番だ。
そして2時間も行っていて我が娘が最もヘタクソであるという事実に愕然とした(笑)

by kamkim22 | 2019-03-22 11:43 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)
友達がほぼいない。
ドのつく陰キャのヲタ母。
別に不自由はしてない。
無理して友達を作ろうとも思わない。
小学校のPTAは任意になった途端辞めた。
本部役員も町内会の役もオットに丸投げ。

しかし。
それでも避けられない事だって時にはある。
卒業式後のパーティなんかがいい例。
お嬢がアホみたいに社交的なので親は完全にほったらかし。
そして彼女のおかげで「いつもお世話になって」なんて時々話しかけられたりするのだが、正直誰が誰のお母さんかが殆どわからない。
「◯◯の母です」と名乗られても◯◯ちゃんがどの子か顔がパッと思い浮かばない。

お兄の時は某サイ●リヤを貸し切ってひたすら食う、親は喋る、子どもは食べ飽きたらゲームしたりして遊ぶ、そんなもんだった。
別に話題がなくてもふんふん頷いて聞いてるフリしとけばなんとかなる。
今回は特に張り切ったのか、年々そういう傾向になってきてるのかはわからないが、近くの安い店で、なんてのではなかった。
卒対がムービーを上映するとかで収容面とか設備面を考えた上でその会場が選ばれたのであろうが、『立食ブュッフェ形式』と言われる。
行った時には数少ない座席は埋まっていた。
椅子が追加されたがそれでも足りない。
一度座ったら荷物を置いてキープされているのでそこには座れない(普通それ、立食形式ではマナー違反では)
座りっぱなしと立ちっぱなしが発生する中、子どもたちが縦横無尽に動き回る。
料理の乗った皿を持って動き回るのもキケン。
ムービーが上映され始めると見ている人の邪魔になるので更に動けない。
結局壁際にじっとしていたが、ムービーがやたら長い。
せめて着席にしてくれたら落ち着いて料理もムービーも楽しめたのにな、と思う。
まぁ二度とあることではないと思うが。

ご苦労をして企画をしてくださっているのでそれすらやらずに乗っかっているだけの人間が文句を言ってはならんのだが、2時間近くも立ちっぱってキツイ。
でもコレならサイ●リヤで充分。
結婚式じゃあるまいし、6年間振り返ったムービー長すぎて途中で料理取りに行ったわ。

そして誰が誰だかよくわからん親たちの交流がまたよくわからん感じだった。
立食なのに座ったままの人と立ったままの人がお喋りしてる光景はちょっと変。
中には立ったままに疲れたのか座り込んで首から上だけテーブルの上に出した状態でお喋り。
あんまり他人に関心持ててない私は会話を弾ませる自信もないのでじっとしていた。
コレも本来の立食パーティではマナー違反らしいが、自分の娘とも一時期殆ど必要事項すら会話が出来ていなかったのでよそ様の情報がない。
よそでうちの子が有名になっていても、よその子の話があまり耳に入る機会がない。
子供と親の顔と名前がわかるのが数人、子供もしくは親の名前がわかるのも数人。
誰と部活で一緒だったとか全然わからん。
一緒に受験して落ちた子はわかるけど、話題にもならんし。
会場はムービーの音と子供たちの声でおとなしく会話なんぞできやしない。

いやまずワシ陰キャラなんで!(開き直り)
ヲタなネタで話振ってくれたら!(←ダメ人間)
職場のちょっと年上の人とかとはよく喋るんだけどね。
e0366202_10362676.jpg

2時間のうちほぼ立ちっぱのパーティが終わり、予定通り「ボウリングに行く」と言い出すお嬢たち。
一駅分歩いて現地まで行くという子供たちと一駅でも電車に乗りたい保護者たち。
立ちっぱでクッタクタだったが混雑した四条通、しかもいまひとつこの辺を歩いたことが無く「ROUND1ってこっち?」などと言っている小学生女子7人を放置もできない(今や何処にでもヘンタイは潜んでいるからね)。
本当にヘトヘトだったが監視がてら後ろを歩いてついていく。

ボウリング前に卒服を着ていた子は衣装チェンジ。
お嬢も先月おばあちゃんに買ってもらった服に着替える。
いつもと違う雰囲気の服は「カワイイ」と好評だった。
四条通を袴姿で闊歩したお友達もお着替え。
ていうか、朝から夕方まで慣れない和装しててその後にボウリング2ゲームってどんな体力?!(同じくボウリングに来ていた男子グループは3ゲームだそうだ)

ボウリングを見学していても保護者が座っていられる場所はなく、だいぶキツかったので近くの大型書店のBLノベルコーナーに一時避難する(←その発想が謎)。
この間の爆買いで買えなかった本を買い、ホクホクして戻ると女子チームは2ゲーム目に突入していた。
だいたい飽き性のお嬢の投球がかなり適当モードに入っており、「6連続ガーター!」なんて嬉しそうに言っている。
投球の合間にドリンクバーに走る彼女たち。
座って立って投球して走って、本当に忙しい。
母たちはどこかで座りたいし、出来るなら帰りたい。
動き回った挙句に「次、カラオケ!」
どんな体力ですか、みなさん。

by kamkim22 | 2019-03-21 16:01 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)
卒業式の朝。
ちょっとゆっくりめに起きてきたお嬢の頭はいつもの通り『強い風に吹かれてきました』ヘアだった。
朝食と摂らせ、それなりに髪を整えてやる。
かなり気温が高く晴れであるという予報があったので、予定よりも少し薄めの下着にする。
 
コートなしでも外は暖かかったが体育館はそうでもない。
これで気温の低い日だったら死ぬほど冷え込んでいたに違いない、と思う。
家を出るのがギリギリだったから保護者席はかなり空きが少ない状態だった。
カメラを構えても前の席のお父さんが邪魔で撮れない。
座席を背の順にしてくれないかな、と思う。

今年の卒業生は50人余り。
学校では人数が多い方の学年ではあったが、他校と比べればかなり少ないので卒業証書授与もサクサク進む。
女性校長がインパクトない(中学の女性校長は堂々たるもんだったけど、資質の問題か?経験値か?)とか、来賓挨拶のPTA会長も卒業生の保護者(そこは他の役員にさせないか?)とか、色々思うところはあったが滞りなく式は進行する。

子供たちがどのような格好をしてくるのかは関心事であったが、世間で言われるほどには袴の女子は多くなくせいぜい4〜5人。
去年はバカ殿みたいなカラーリングの袴を着た男子が学校のホムペに載っていたのだが、今年は親の常識を疑いたくなる格好の子はいなかった。
男女ともにイ●ンなんかの卒服コーナーに並んでるっぽいものが多い。
数人が中学の制服。
中に数人、明らかに卒服コーナーにはなかったであろうワンピースの女子児童。
クラシカルだったりシックだったりするが、それも非常に素敵であった。
卒業以外のちょっとしたお出かけにも使えそうだし、あとは使うところのない卒業フォーマルより余程いいと思う。
袴よりこういうスタイルが流行ればいいのに。
e0366202_08090689.jpg

お嬢さんはイ●ンのお世話に。
袴はめんどくさい。
どこぞのアイドルグループみたいな制服みたいなのは似合いそうにない。
なんとか選んだのがこれだった。
小学校でスカートをはいたことがないので異常に恥ずかしがっていたが、パンツスタイルがネットでしか見つからず、しかもかなり丈が短い。
気温が読めない時期に太腿半分くらい露出するくらいの丈は危険だと思ったので断念したが、仲の良いお友達が着ていたのがまさにそれだった。
しかし決定的にお嬢と違うのは彼女の方が手足はもちろん全体的にほっそりして身長もある。
髪をポニーテールにして、ネットで見た服のジュニアモデルのようだった。
体型的にもお嬢ではダメだった、残念。

「◯◯君が泣いたら泣くかも」と言っていたお嬢は予想通りケロリとしていた。
基本は「卒業して嬉しい」なのでやっと卒業出来た!という喜びのほうが大きい。
やっと完全に小学校との縁が切れるという感慨はあったものの、母もそれほど涙は出ない。
隣のクラスの担任が既に序盤から涙を拭っていて、平然としているお嬢の担任と対照的だった。
退場の時、お嬢のお友達で顔がちっさくて可愛らしい彼女が号泣しながら通り過ぎていく。
こういう時の涙は似合う子と似合わん子がいる。
お嬢は後者(笑)

お兄さんなんかは友達の少ない陰キャラなのでこういう場で写真を撮らせてもらうのもひと苦労だったしお友達との記念写真も残っていないが、お嬢は違う。
彼方此方から「一緒に写真撮ろー!」と声がかかりその都度プチ撮影会が始まる。
色んな所で同じように撮影会。
メンバーを変えまた撮影会。
校門から入ってすぐのそれほど広くはないスペースが卒業生と保護者でごった返す。
その中から仲の良い子たちを目敏く探し出し、別れを惜しむ。
お友達との写真もたくさん撮った。
これぞ卒業式、というくらいにこっちも堪能させてもらった気がする。
ほぼみんな近所に住んでるし、仲の良い子はLINE知ってるしすぐに連絡もできて昔とは全然『別れる』という感じはしないのだが。

彼女らが盛り上がる中でお嬢がひたすらディスっていた担任は余程人気がないらしく、あまり写真撮影を頼まれることもなく所在なさげにしていた。
ちょっと可哀想だった(笑)

by kamkim22 | 2019-03-21 08:52 | うちのお子さんたち | Comments(0)

卒業前日お嬢さま。

卒業式前日。
なんかもうやることはいっぱい過ぎる。

お嬢さんは変わりばえのしない通知表を持ち帰り、全ての小学校課程を修了した。
卒アルも貰ってきた。
保育園で一緒だった子たちもしばらく見ない間に大きくなった。

e0366202_21292125.jpg

お兄の時から11年のお付き合いだった小学校。
自分の卒業式で一切泣いたことはないけど、子どものは毎度ホロリとくる。
そして大概涙の引っ込む何かが起こる(笑)。

今日はリハーサルをやってきた、というお嬢さん。
「眠くて眠くて」練習中うつらうつらしてたようだが本番ではキチンと起きてくれよ!
誰がどんなカッコをするのか、男子のハカマはいるのか、楽しみだなぁ。

by kamkim22 | 2019-03-19 23:24 | うちのお子さんたち | Comments(0)

卒業式まであと2日。

青空が清々しい月曜日。
卒業式まではとうとう2日になった。
e0366202_11341328.jpg

朝からカウントダウンをLINEに送りつける母。

数日前のお友達からのカウントダウン画像を見せてもらうと見たことないアニメ?キャラ。
「ああ、コレ『ストプリ』」
お嬢に教えてもらったが何のことだかわからない。
多分お嬢もわかってはいない。
『うたプリ』なら知ってるけど。
若者は色々ご存知ですなぁ。

明日も通常通り仕事があるからある程度の準備は土日にしておいた。
服、カバン、等々。
卒業式後のスケジュールが長いし、家から出っぱなしになるから忘れ物したら悲劇。
現金もいくらいるのかよくわからないし、基本あらゆる事を想定してしまう母は荷物が増える傾向にある。
あとは忘れてはならんのが男性陣の食事。
お兄とオット2人分の夕食だ。
オットも帰りがいつになるかわからないから外食してこいとも言えないし。
デジカメの充電、ビデオの容量、お嬢の着替え、まだ用意と確認が必要なものが沢山ある。
卒業式ってそんな大変な行事だったっけな?

お嬢さんの方はあと2日の学校生活。
もう授業はなく(残ってるテストはあるらしいが)、卒業式の練習がメイン。
明日は大掃除をしたり成績を貰ったり。
ギリギリまで給食を食べさせていただけるのがとてもありがたい!(切実)
中学は京都市の選択制給食制度を導入してないらしいのでやっぱり弁当だ。
4月から毎日3つ〜……(白目)

一部私学や他の中学に行く子はいる(お嬢もだけど)が、基本的にはみんな同じ中学。
しかも仲のいい子とはLINEで連絡を取り合えるし、近所に住んでるので特に卒業するのに寂しいとかは感じていない。
それどころか
「あー、やっと卒業や!」
と嬉しそうだった。
授業が退屈で堪らなかったから早く卒業したかったらしい。
卒業式でも泣きそうにないな。
お兄みたいに卒業してから図書室の本返してなかったなんて事がないようにしてよ!(笑)

by kamkim22 | 2019-03-18 20:24 | うちのお子さんたち | Comments(0)
追試とか言われずに一発で進級を決めたらラノベを買ってあげましょう、という約束をしていたので今日は朝から買いに来た。
ついでにあまりにも酷い部屋を片付ける、という追加条件を出した所「どれくらい片付けたらいいのかわからない」などと訳の分からないことをぬかす。
どこからどう見ても部屋の真ん中に少しフローリングが見えるようになっただけ、という状況だったのにそれでも本人には片付いていると思えるらしい。
母に激怒され、なんとかマシになった、というレベルにはもってきた。
ある程度机の上だって片付いてないと受験勉強どころじゃないと思うのだが。

なんとか片付けにギリ合格点を貰えたお兄とお嬢を連れて、本屋の前にGUに行く。
お嬢好みだと思って連れて行ったのだが、「ガラガラしてない!」といたくお気に召した模様。
ユ●クロのキッズサイズのレギンスパンツがこの間から相次いで破断する成長期(太ったんちゃうか?)、お安いのは助かるし好みがバッチリ合ってて本当に良かった。
ただレディースのジーンズを買ったところ、気に入ってすぐ履き始めたのはよいが「不器用でボタンが止められない」とトイレに行く度に止めてくれと言いにくる(笑)
子供服からの脱却にはもう少し、かな。

GUの後はお兄お待ちかねの大型書店へ。
子どもたちは問題集も買うとのことで入店するなり全員自由行動へ。
お兄は数学と物理の問題集、お嬢は中学入学準備の問題集と中学用の問題集を選ぶ。
e0366202_20504467.jpg

まだ入学もしていないのに、やる気だな!

問題集を選んだらお兄はラノベ、お嬢は文庫本、母はBLノベル(←!!)のコーナーへ。
それぞれの様子を見に行ってみると2人とも沢山抱えて「重い!」と訴えるので、それぞれに買い物カゴを渡す。
大型書店だし、カートも置いて欲しいね。

お嬢も最近は小説(ラノベ寄りだが文庫コーナーにあるやつ)を読みだした。
もう少し文学を読んで欲しいとは思うが。
お兄さんは本当に訳のわからないラノベ中毒。
最近は読みすぎてもうあまり買わなくなりつつあったが、受験前に買うのはコレが最後!ということでカゴいっぱい選んでいた。
母は…一番欲しかった『美しい彼』の続編は買えたが…品揃えに不満があった。
一穂ミチ先生とか、凪良ゆう先生とか、月村奎先生とか、なんでそんなに置いてないんだよ!!💢
卒業式後にお嬢たちがボウリングしてる間に買いに行こっと!

買い物カゴ2つにいっぱいになるくらい本を買ったのが初めてなら、本屋の会計が3万近くになったのも初めて。
必要かどうか迷ったが、キャリーバッグを持って行ってよかった(笑)
あまりの買いっぷりに
「本屋のないド田舎から出てきて初めて本屋来た人、みたいや…」お嬢が呟く。
お兄さんはラノベ読んでる場合じゃないんだけどねー。
キャリーバッグも相当な重量になっていたから明日お兄は「腕が上がらん」とか言いだしそう。

by kamkim22 | 2019-03-17 21:10 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)

卒業式まであと……。

卒業式まであと数日。
先週お嬢から爆弾発言「国語があと1単元終わってない」。
そしてその後、「終わってなかった単元は授業2回で終わった」
まー昔だと中3の公民がほぼ最後の方終わらないまま、なんてあったけど。
ちゃんと計画立てて授業してるんじゃないのか?
保護者会ではしっかりした担任のように思えていたが、お嬢の評価はすこぶる低かった。
授業2回でも出来る子はテストでいい点を取ってくる。
でも普通からそれ以下の子はそうじゃないんじゃないか?
義務教育ってその日程だけ終わればいいってもんじゃないだろ💢

卒業を控え最近お嬢のLINEにはお友達が毎日カウントダウン画像を送ってくるらしい。
見せてもらったが、自分でアニメなどの画像を加工して作っているらしくなかなか小学生にしちゃ凝っている。
なので母も……
e0366202_22092303.jpg

何も凝ってない(笑)

忙しいので手間のかかるのは無理だわ。

卒業式の日はどうやらとても暖かいよう。
雨が降らない事が一番の希望だが、晴れて暖かければそれだけ荷物が減らせる。
卒服のまま午後のパーティ。
家には戻らずに何処かで着替えて二次会に繰り出す予定らしい。

………って。

まず親は子供たちが勝手に決めた予定にご同伴だし、途中で着替えるとか言われたらそれも用意しとかなきゃだし。
自分たちでアレコレ決めるのはいいけど、それに伴う準備はまるっきり人任せ。
そらま、小学生だけどさ。
着替えを持ち運ぶのだってパーティに引き続いてともなればイ●ンのビニール袋に入れとくわけにもいかない。
夜は寒いかもとか、雨降るかもとか、事前に情報収集して荷物を作っとかなきゃ。
そういうのは彼女たちのアタマでは思い浮かばないわけね。

お兄の頃どうだったのかは彼が母同様の陰キャで群れて遊ぶのを嫌がる人だったからよくわからない。
午後に近所の飲食店を貸し切って茶話会をした後は本人もめんどくさがって参加してない。
もしかしたら5年前もそうだったのか、あるいはだんだん派手になるのか?

母はいつまで拘束されるのかと思うと軽くブルー入っている。

by kamkim22 | 2019-03-16 23:38 | うちのお子さんたち | Comments(0)
e0366202_04584707.jpg

なんと豪勢な昨日の朝ごはん。
ご飯と味噌汁(またはスープ)、昨夜の残ったおかず、というのが基本。
お嬢はこれに納豆をおつけするのが最近のスタイル。
ちなみに昨日はちょっとした気まぐれで菜の花の卵炒めがプラスされた。
前夜のおかず、大根の煮物が思ったより沢山残らなかったためお兄さんに多めに差し上げ、そのかわりのもの。
お兄さんはアレルギーの関係で卵料理を食べないし、お嬢は卵料理に目がないから。

で、母が帰ると食卓には残骸が放置してある。
e0366202_04591607.jpg

なんということでしょう(加藤みどり調)!
味噌汁だけがキレイに残されているではありませんか!

ほうれん草としめじと油揚げの味噌汁。
具沢山をモットーに毎日作らせていただいております…が、まともに食べたのは受験前の『早起きしようウィーク』の間と母が休みの日のみ。
母がいる時に起きると食べるまでしつこく観察してるから。

ちなみに今朝は母、体調が悪く味噌汁を作れなかった。
電気ケトルにお湯だけ沸かし、春雨スープを作るようにお兄さんに言うと快く引き受けてくれた。
「そんなしんどそうでも会社行かなアカンの?」
と心配してくれる優しいお兄さん。
しかしお嬢は起きてもこない。
作っていても食べないんだから、昨夜の唐揚げとご飯と納豆があればいいよね、と家を出た。
そしたら。
e0366202_18264914.jpg

帰るとレトルト味噌汁の袋が開封済。
…作っておいても食べないのに?
レトルトは自分でお湯入れてでも食べるのか?
お嬢のお椀だけはレンチン出来るものにしている。
それなのに!
頑張って作ってもこの扱いだよ!

まぁ、残しても晩ご飯で再度出してやるんだがwww

by kamkim22 | 2019-03-14 18:35 | おかーさんのつぶやき | Comments(0)